-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛) | main | 『こどもの瞳』/木原音瀬(街子マドカ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛)
連休中に読み終わりませんでしたー。残念!
日曜は「こ、この最後がつまらなかったらどうしよう…」と
おびえて先に『MANZAI 5』に手を伸ばしてしまい、
月曜は「『聖☆おにいさん』面白れええー!」と
3巻が出たことで1〜3巻を繰り返して読んでしまいました。
(仕事からの逃避でギャグを読みたかった)

で、明けて今日。通勤電車の行き帰りが最も集中して
本を読める時間なので、その間に読みたいと思い、
行きも帰りも遠回りして電車に乗っている時間を
増やして、ノンストップで読み耽っていました。
いやあ、面白かった。
色んな理由からくるウキウキ気分で感想です。




『追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla
大洋図書 (2009/1/29)
【Amazon】



☆あらすじ
ロンドンの下町で寂れたパブを経営する諒一は、
親友のアーサーが遺した小さな天使・チャールズを
護ることだけが生き甲斐の怠惰な日々を送っていた。
そんな彼のもとに現れたのは、アーサーズ・ガーディアン(AG)に
憧れているという花屋、ダグラス。AG創設メンバーでありながら、
なぜか組織との関わりを拒む諒一は、花屋を冷たくあしらうが、
旧知のエージェントから依頼が舞い込む。
「冷酷非情なウォール街の帝王・ボールドウィンJr.に恋人を作ってくれ」
――旧友の頼みにくだらないミッションを渋々引き受けたが……

*   *   *   *   *   *

ウキウキ気分の理由の1つめは、シリーズの最後に相応しい、
今までのとんでもない話をうまくまとめていることです。

コメントでも「1巻で……」「1・2巻で……」と挫折の反応が
あったくらい、どーしようもなくアレな依頼もあり、
いくら3巻のぶっ飛びっぷりに気をよくしていたとはいえ、
アーサーズ・ガーディアンって金持ちの道楽か?と
思っていた自分も「ああ、そうだったのか……うーん、それなら
アレでもしょうがないよね!」と納得せざるを得ませんでした。

綺麗にまとめられています。無難に収束させた、のではなく、
なんというか、初期のひろみをダブルスでカバーして他校の選手を
圧倒するお蝶さまのような素晴らしいフォロワーぶり。

ぜひ1巻の作者に「力を出し切らないプレイをする事こそを
おそれなさい!」と喝を入れてほしいものです。
(……出し切ってアレなら……音羽さんレベル?)

全体を語る分「アーサーズガーディアンとは」を
語る部分が多くなっていますが、説明ばかりでなく、
その中で創始者・アーサーと諒一の関係のはじまりから、
遺志までしっかりと描かれているのですよね。

今はセレブ御用達のアーサーズ・ガーディアンの「はじまり」が
卑怯なほどにいい話でして、アーサーの茶目っ気と
諒一へのあふれんばかりの優しさと言ったら……、
こっちだって涙があふれそうになるくらいなのです。
(ジョセフと同じくらい好きだ……)

そしてそこから組織とは別に、連綿と受け継がれてゆく遺志、
誰だって誰かの小さな守護天使になれる、という理念に
電車の中で泣いちゃったよちくしょー!花粉だ!
恋愛だけではない繋がりが描かれていてすごく快いです。


2つめは、アーサーのせいで若干影が薄くなってしまいそうな
攻め・ダグラスが理想的な年上ワンコだったということ。
年下ワンコの素直さと情熱はそのままに、けれど
自己中心的行動は無くなり、年上の男の甘さをもって
相手に接するのです。これこそ成人した大人のワンコですね!

そして3つめは……こんな素晴らしい作品を書き、かつ、
全国のチクビストの期待に応えるような濃厚なプレイを
描いたHさん(だと思う。文章のリズムも含めて)の
新作をひっさしぶりに読めたことです。

残念ながらリブレのは今月も延期になりましたが、
Unit Vanilla名義でも読めるのはありがたいことです。
私にとってのUnit Vanilla の意義はこれと言ってもいいです。
それだけで良し!とは達観できないのが人情ですけれど……(笑)


ちょっと長くなってしまいましたね、ウキウキすぎて。
というわけで、どんなにつらくて挫折したとしても、
4巻は読んだほうが良いかと思います。オススメです!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |