-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛) | main | 2009年4月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『こどもの瞳』/木原音瀬(街子マドカ)

もう3月も残すところあと数日、月日の経つのはいつ考えても
早いものです……なーんてしみじみしていたら、
今月の木原本を読んでいないことに気づいて大慌て。

Unit Vanilla名義ので1冊と考えれば達成なんですが、
積読の抱負は早くも2月で守れなかったし、これくらいは守りたい、
なにより一向に積読本の一番下のゾーンを早く消化したい、
けれど痛いのは避けたい!という妥協点でこの本に落ち着きました。

ショタ覚悟で読みましたけど、不思議とそんなに痛くなく、
クリアできました…以下、感想です。


『こどもの瞳』/木原音瀬
幻冬舎(2005/9/15)
 【Amazon】



☆あらすじ
小学生の子供とふたりでつつましく暮らしていた柏原岬が、
数年ぶりに再会した兄・仁は、事故で記憶を失い6歳の子供に
かえってしまっていた。決別したときの超エリートで冷たかった兄との
ギャップに戸惑いながらも、子供の仁を受け入れ始める岬だが、
仁は無邪気に恋愛の意味で岬を好きだと慕ってきて…。

*   *   *   *   *   *

ほんとうにすごいチャレンジャーです、木原さんは。
某マンガなら毎号「なん……だと……」と言われてしまうでしょう。

記憶喪失ネタは、ふつう最初っから好きあっている者同士の
お約束として扱われていると思うのですが、絶縁状態とも
言える険悪な者同士の間にいきなりぶちこんできました。

そして、子供になって人間が変わってしまった仁の気持ちも、
邪険にして鬱陶しがっていた岬の気持ちも直球に書き、
徐々に気持ちが変化してなし崩し的に始まってしまった
倒錯的な恋愛関係までがっつり書かれていて容赦ありません。
うーん、記憶喪失でもやっぱり一味違います。


もうひとつチャレンジャーだなと思うのは、やっぱり、
攻めが6歳に退行したままのセックスと恋愛ですよね。
ショタがあまり受け入れられないBLにおいて珍しすぎです。

でも、ショタだからって忌避してしまうのは
ちょっと早計かもしれません。

いわゆるショタらしいショタって男性向けに近くて、
大人の男性に諾々と従うかオイタをされてしまうか、
もしくはショタ同士でいちゃいちゃするかがほとんどです。

けれど、この作品は、ショタというよりも意思の疎通が
難しい相手として『記憶喪失の子供』を使ったようにも思えます。

「意思の通じない相手との恋愛」は、木原さんの著作に
よく見られる共通したテーマであり、書かれている核としては
いつもとかわりないんだと思います。
ただ、そこに子供、「自由意思に基づいていない」という理由で
淫行条例にひっかかってしまうネタをもってくるのは、
まごうことなきチャレンジャーだよなあ、と思いました。

<「自由意思に〜」というのが理由なら、身体は30歳なのに
6歳に退行した仁とセックスした岬は罪に問われますか?>
<書き下ろしで大人を好きになったけれど報われなかった城太郎との
違いはなんなんですか?>というような皮肉にも感じましたけど(笑)

記憶喪失中だった仁の違いなんざ容れものだけに
思えた自分はちょっと危ない思考なのかもしれません。

とりあえず木原先生には、メイン2人の甘いお話と、
城太郎がこの先幸せになる話を書いてほしいものです……、
って、もしかして同人誌になってたりしますかね。

オススメは難しいですが、ショタだからと避けていた方は
読んでみてもいいかと思います。

P.S.
さーて、ようやくこれでCDも聴けます……子供の仁が
連発していたあの言葉を成田さんが言うのかと思うと、
怖いもの見たさでわくわくです。

| [BL・小説]木原音瀬 | 23:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:08 | - | - |