-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日曜日は一緒に | main | 『よくある話。』/中原一也(朝南かつみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ヒューマン・レプリカ』/五百香ノエル

明日は、入社式や入学式でスーツを着る初々しい姿を
桜の咲き頃とともに見られるよき日ですが、
なんで自分も同じ日にスーツを着ねばならぬのか……!

もともとは来週末あたりに予定していたことが、
いきなり今日の帰り際に「明日!」と決定してしまい、
普段スーツを着ていない私はてんてこまいです。

ワイシャツは1枚の虎の子をなんとか発見したものの、
スーツはシュウカツ用に使っていた古いものしか見つからず、
スーツ用バッグは埃をかぶり、革靴もお手入れしていない、
ああ、もうスーツって面倒くさい!

といいつつどうせ着るならコスプレ気分で写真でも
とっておこうかな、と思ってるあたり、楽天的です。
……明日、新しい生活をはじめる皆さん頑張りましょう。(関係ない)

それでは終わり際が「俺達の新しい生活はこれからだ!」で
終わった、BLと呼んでいいかちょっと迷う作品の感想です。
(ちょっとネタバレ多めです)

 
『ヒューマン・レプリカ』/五百香ノエル
宙出版 (2006/10/11)
【Amazon】
(タイトルにも挿絵の方の名前を
入れていないのは、挿絵がないから…)


☆あらすじ
ストリート・キッズのカリスマだったエリドゥが美術館で拾った、
ミュージアムと名づけた美貌の青年は、記憶を失っていた。
幼児退行し、名付け親のエリドゥにまるで母を慕う子供のように
まとわりつくミュージアムに、戸惑いつつも心を許していくエリドゥだったが、
周囲にはかつてのカリスマに執着する者たちが張りめぐらした罠があった…

*   *   *   *   *   *

あらすじが石原理さんの「カリスマ」っぽいものの、
それとはあまり関係なく、SFファンタジー世界で
繰り広げられる耽美風なBL……なのですが、
二度そっちなの!とつっこみを入れてしまいました。

ひとつめは(コメントで既知でしたが)、男性器がついていない
受(と言っていいのだろうか…)だったこと。

以前に読んだ五百香さんの作品『GENE』で女性器を
もつ両性具有者が受だったことはありますが、
まったく一切ついていないというのは相当珍しいですね。
けどキワではありますが、それがつまらないわけじゃなくて、
それが気にならなかったりして、むしろそれはどうでもいいから
どっちとも幸福になってほしい!と、カップルがすれ違いながらも
面白いBLを読んだときの感想を抱きました。

ん?……ということは、好きになる対象が男性であって、
身体は女性でもBLとして成立しているように思えるなら、
性自認が男性ならBLとして成立するなのかもしれませんね。
ああ、でもこの場合は人間の身体じゃなくって
レプリカだから受け入れられるのかもしれません。
(うーん、よくわからなくなってきました。)


また、もうひとつは、レプリカがどっちかわからなかったことです。
私が単に鈍いだけなのかもしれないですが、中盤までは
完全に逆だと思っていました……細かなところまで
ミスリードさせてあり、小説としての上手さを感じました。


というわけで、SFファンタジー世界のBLとして楽しめは
したのですが、ミュージアムが記憶を取り戻してからの
回想が少なかったり、ボスが意外と雑魚かったり、
「俺達の新し(以下略)」でレプリカの行く末がどうなるのかが
気になってしまったりとちょっくら不満な点もありました。

……はい、最後のが一番大きい理由ですね。
どうせ新装版にするなら、この先のラブ込みの逃亡生活を
少しでも収録してくれれば嬉しかったんだけどなあ……。
だってラブシーン薄いんだもん!記憶喪失状態でじゃない、
ちゃんとした精神状態でのも読みたいのが人情ですよね。

というわけで、ちょっと物足りなくもありますが、
ちょっとキワいファンタジーテイストを読みたければどうぞ〜。

P.S.
私にもオススメありがとうございました。
| [BL・小説]五百香ノエル | 00:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:11 | - | - |