-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ヒューマン・レプリカ』/五百香ノエル | main | 本の表紙を並べてニヨニヨする >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『よくある話。』/中原一也(朝南かつみ)
今日の感想は中原さんの初「オヤジ受」本です。

ところで、自分が(昔と比較して)オヤジもしくはオバサンに
なったなあと思うときが人それぞれあると思うのですけれど、
先週の金曜日、飲み会でしたたかに酔った後に、
電車の中で眠気を抑えられずにヤンキー座りで
寝こけたときは我ながらオヤジだなあと思いました。

そして、それを昨日もやってしまったというのが末期かな。
……あ、これオヤジじゃなくて酔いどれですかね。

内容はちゃんと枯れオヤジでした。
それでは以下、感想です。




『よくある話。』/中原一也
幻冬舎コミックス (2009/03)
【Amazon】


☆あらすじ
冴えない中年の袴田は突然、元AV女優の妻に離婚を迫られる。
その夜、バーで泥酔した袴田は、気づくと同じ会社の出世頭・池田と
全裸で同衾していた。一夜の過ちで、モテる池田が自分に興味を
持つわけがないと思っていたが、「課長の色気にやられました」と
熱烈に口説かれ、あれよあれよと付き合うような仲になる。
しかし偶然、池田が袴田の元妻のファンだと知ってしまい――

*   *   *   *   *   *

「枯れる」というのは過去に花盛りの時期があって、
それを経て劣化してゆく途中なわけですが、
この袴田は強い情動をもたず、「ま、いっか」が口癖な
36歳にしてすでに万年枯れオヤジです。

最近の枯れオヤジのヒットというと、木原さんの
「NOW HERE」の仁賀奈を思い出しますが、
仁賀奈はまだ人を愛する感情があっただけマシで、
袴田は枯れすぎて全てに無頓着でニュートラルです。

そんな袴田のふところに入ってきたのが年下攻めの池田で、
容姿端麗・仕事ができる・性格もいい、とBLの攻めの
見本のような男なのですが、なんとこの男、バイで、
ストレート用のAV好きです。しかも、熟女やら
人妻やら未亡人やらバツイチやらが大好きなのです。

……いえね、それだけなら私もオヤジ好きだから否定しないですけど、
公園で公然とAVが好きとアピールして、しかもこんな(↓)
小芝居を打つ攻めははじめて見ましたよ!

「いいじゃないですか、奥さんっ。いけません、主人が……っ。
奥さん、僕なら奥さんがこんなになるまで放ってはおかない。
…(以下、ずっと攻めのターン。略) p.65」
どうみたって不精な袴田を「魔性」として妄想したり、
好きなAVのシチュエーションを取り入れたりと、
留まるところを知らない暴走男なのです。

かようにまったくかみ合わない2人が、互いに勝手な思考で
話すもんだからすれ違いが生じまくり、でもそれが面白い!
こういったコメディとオヤジが組み合わさっているちょっと
お下劣な中原さんの作品は、かなり私のツボに入るみたいです。

それに、別れたAV女優妻なのも袴田の人物造形に
一役買っており、また、男同士だからこそ遠慮無しに
話していた話題によって気まずくなる展開が自然でした。


中原さんのはオヤジが攻めだって受けだっていいと思います!
今までのリンクスの作品の中では一番好きかもしれません。
というわけでオヤジスキーのかたにはぜひオススメです。

P.S.
本編は現実ではよくある話じゃないですけど、池田が愛蔵する
AV・「淫乱教師熟女の舞」etc.は絶対現実にありそう(笑)
| [BL・小説]中原一也 | 23:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:04 | - | - |