-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 幸せは歩いてこない | main | 『以心伝心ABC』/水無月さらら(東条ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『風と木の詩』/竹宮惠子

濃すぎる……!
ラデュレのマカロンも濃かったけれどこの作品も濃すぎでした。
私にとってマンガは娯楽なのにこの息苦しさときたら!

濃すぎるのでゆっくり消化しようと努力したのだけれど
話の続きが気になってページをめくる手が止まらない!

読み終えたらなーんか呆けちゃって半日ぐらい次の本を
読む気がしなくなってしまいました。(半日かよ)
うーん、すごい作品だ!

なんだか感想にならなさそうですけれど、
以下でつらつらと書いてみます。



『風と木の詩』/竹宮惠子
白泉社 (1995/03)
【Amazon】


☆1巻のあらすじ
19世紀末の南フランス。貴族の父とジプシーの母の子・セルジュは、
ラコンブラード学院に転入した。そこで彼を待ち受けていたのは、
ルームメイトの悪魔的美少年・ジルベールだった。
セルジュは男生徒と妖しい関係を持ち退廃的な生活を送る
ジルベールに正しい道を教えこもうとするが……

*   *   *   *   *   *

最初から最後まで目が離せませんでした。

もちろんそれは悪魔と天使から生まれた人間の子、
ジルベールによるところが大きいとは思うのです。

退廃的な美しさをまとい、ふしだらなのに誇り高く、
人間離れした感性なのに本能的にひたすらに誰かを
求めるがゆえに人間くさい、そんなアンバランスな
ジルベールから目が離せません。

また、彼の特異な生い立ちや叔父オーギュストとの
性的関係諸々、衝撃的で痛々しい話も
目を背けたいけどつい見てしまいます。

そして、解説の寺山修司いわく「堕天使」・セルジュが
ジルベールと対立したり惹かれあったりする、
その一進一退の危うい展開にも惹きつけられます。

でも、一番目を離せないのはキャラクタだとか、
その禁忌だとか表層の面じゃなくて、一貫して
描こうとされている「愛」だと思いました。
……わあ、言葉にすると恥ずかしくて陳腐ですね。
でも、ほんとうにそう思っちゃったんですもん。

同性愛は禁忌とされていてもやはり愛なのか、
オーギュストのジルベールへの仕打ちは愛なのか、
セルジュがジルベールへよせた気持ちは愛なのか、
ジルベールが求めていた愛とはどんな形なのか、
セルジュとジルベールの基準が違いすぎて結果的に
別れたふたりの関係はそれでも愛だったのか……。
あーもうわからない!愛じゃないかもしれない!
どれが正しいかなんて、わかりっこないのかもしれません。

けれど、そこに描かれた何かを描きだそうとする力に、
花見にも行かずぶっ通しで読まされたのは間違いないです。
(BLは逆に「愛」と定義された式を用いて、
ある問題の答えを導いてるような……どっちも
読まない人にはおんなじでしょうけれど)

もう1回読んだらまた別の感想を抱きそうな気もしますし、
全然消化できていません。あー、疲れました。
それにしてもこの作品と『地球へ…』を同時に連載していたって
どんなパワーですか。当時に読めた人がうらやましいな。


ふう、一応これで書きたいことが書けたのかな?
もっと書きたいことがあったはずなんですけれど、
さらに的外れになりそうなのでこの辺で。

損はしないと思います、マンガ喫茶ででも一読をオススメします。
| [その他]BL以外のコミック | 22:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |