-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 見逃すこと多々 | main | 『おきざりの天使』/夜光花(門地かおり) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛は強制捜査で暴かれる』/小野田五月(羽田共見)
3人寄らば文殊の知恵ならぬ、3人の表紙あれば3P本。
という仮説から脊髄反射的に手にとってしまった本ですが、
3P本じゃありませんでした。 なん……だと……?

実は3Pアンケのときに、AmazonのBL本を片っ端から見て
表紙に3人以上がいるものをリストアップしていたのですが、
その中で、今現在確認が取れたものの統計をとってみたら、
16%の確率で3Pでした。
3Pリストに追加した本を加えたらもちょっと確率が
あがりますけれど、この仮説は完全に棄却ですね。

まあ、明らかに3Pじゃない『おおいぬ荘の人々』や、
『子供の領分シリーズ』も「表紙に3人以上がいるもの」に
入っちゃってるから統計が難しいのですけれど、
表紙だけで判断するのはだいぶ危ないと分かってきました。
 …分かったからといってさほど得することはないですけどね!
 
さて、そんなこんなで気分的に盛り下がりながら
読んだ作品でしたが、意外に面白かったです。
以下、感想です。


『愛は強制捜査で暴かれる』/小野田五月
イースト・プレス (2006/7/29)
【Amazon】



☆あらすじ
新人挿画家の由宇斗(ゆうと)を幼い頃から見守り続けてきた
二人の男―IT業界の覇王こと高津、そして検事の成瀬。
彼らは夭逝した由宇斗の兄・可威斗の幼なじみだった。
しかし、かつて可威斗と共に企業を興した辣腕の高津が、
何やら怪しげな行動をし、由宇斗が密かに想いを寄せる成瀬が
東京地検に異動となってから、三人の関係が捩れていく……

*   *   *   *   *   *

ご本人があとがきで書いちゃってますけれど、
元ネタはライ○ドア事件だそうです。
読み終わってからその事件のWikiページをみていたら、
結構符合しているというか事実に近いような……。

あの事件のときの具体的な手法とこの作品での手法が
一致しているのかは私の頭が悪いのか分かりませんが、
Jリーグに経営参加しようとしていた、選挙に出馬していた、
ラジオの株を所有しテレビ会社と対立していたなど、
高津のディテールは社長までも全く同じです。

出版年月をみるに、なんとホ○エ○ン他が逮捕されてから
半年しか経ってないんですけど……よく出版したな、これ!
アズノベルスのチャレンジャーぶりにちょっとビックリです。


ただし、勿論違うのは容姿(笑)と、BL展開です。
高津の容姿は現実とはことなるイケメンになっており、
今は亡き可威斗のことを強く愛していたために、
可威斗と興した会社を大きくしようとして
このような事件を起こしたことになっています。

また、検事の成瀬も、高津を昔からの大切な友人だと
思っているために高津を正そうとして捜査をします。

そしてふたりに共通しているのは、それぞれに
大事な由宇斗を傷つけたくはない思いがあり、
事件の真相から遠ざけようとするものの、
由宇斗もふたりが好きなために事実を知ろうとします。

亡くなった可威斗と三人思惑が程よく複雑に絡み合い、
事件の背景が非常に切ないものとなっています。
主役カップルよりも高津がいいダシ出していて、
亡き人を思い続ける悲恋派にもなかなか美味かと。

ぶっちゃけ現実の事件がこうだったら全国の腐が歓喜して
ニュース見ちゃうよ!と思ってしまう美味しさでした。


ただ、あまりにそっちに力が入りすぎてしまっているせいか、
エロが不足、挿絵も肌色率低めです。(しかも絡み絵が
入ってないようにしか見えないというおまけつき)
SSとして収録されている高津×可威斗でもちょっとだけ
エロがありますが、それでもかなり低くて驚きです。
もうちょっとあってもいいと思うんですけれど、
この作家さんの特徴っぽいのでしかたないか。

アズノベルスはエロ多めのライトな印象が強かったので、
2度驚きつつ、うまくまとめられた良作を読めてよかったです。

| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:01 | - | - |