-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『おきざりの天使』/夜光花(門地かおり) | main | 『奥さまは18歳!』/ひちわゆか(南月ゆう) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『プレイス』/木原音瀬(館野とお子)
密林さんかに頼んでおいた本が一気に届きました。
今日店頭で買った本も含めて、えーと…15冊ですか。
もうほんと積読本を置く場所が限られてきました。
ごめんなさい。(なんとなくだれとなく謝る)

まあ、マンガの一部はすぐ読んだので、なんとか
密林さんの箱にぴったり収まったんですけれど、
明日花丸文庫やらBBNを買いに行くのでピンチです。

でも積読棚の本を見てにんまりしてしまうのが
まったく反省してないってことですね……。
うーむ、反省だけはしておこう。

さて、積読消化の絶賛1ヶ月に1冊コノハラ本宣言、
今月もクリアできました。以下、感想です。


『プレイス』/木原音瀬
オークラ出版 (1999/12)
【Amazon】



☆あらすじ
横山の営業の新しいパートナーの加賀良太は、無愛想なうえに
融通がきかず、言葉もキツい。見ためはかっこいいのに、
辛辣なので女子社員も敬遠するほどだ。
そんな彼にてっきり嫌われていると思っていた横山は、
酔った加賀に告白されて戸惑う。
嘘ではなくて、本当の気持ちだったから。
―横山には、天使の父からもらった二つの物、
羽と、もうひとつの資質・嘘を見わける力があった……
 
*   *   *   *   *   *

あらすじを読んだ時点では、これは加賀の
年下攻めだろうと推測していたら違いました。
逆でした。

しかしこんなに優しい横山が!天使なのに攻めとは!
という驚きはあっても、加賀が受けだからって
ああそっち、ってな具合でさほど驚きはしませんでした。

なぜなら、加賀は幼い子供のようだったからです。
それはもうヘタレ攻めや子供の心を持った男なんてものを
通り越した次元であって、他人の視点をもてない
片想いだけをしてきた身勝手さといいましょうか、
その自分本位の幼稚さを未発達に感じたためなのです。

どうしようもないエゴのかたまり!と思うものの、
それは自分ももっていた幼さでもあり、その黒歴史を
みているようで、共感に似たチクリとくる痛みを覚えました。

1回怖くてダメだと次もダメだと思い込んでしまい、
次に行くたびにありもしない恐怖にのみこまれてしまう気持ち、
就職活動のときにイヤだと言うほど味わったわ!
もう二度とイヤです、あんなのは……。

けれど、それと同時に、少し羨ましさも感じました。
これだけ臆病なのに、不器用なのに、それでも恋自体は
やめられないほど好きになれるんですもの。
好きになるなんてエネルギーのいることやってられない、
なんて思いが入る余地がないって凄いです。


コンプレックスを抱くとはいえ、情操面では十分に大人な
横山にとってはたまったものじゃないでしょうけれど……、
加賀に引きずられるようにしてエゴを出してぶつかりあい、
それでも恋を続けようとする真摯なさまは、
さすがに木原さんだなあと思わせてくれる作品でした。

BLでよく見かけるすれ違いって本当に単なる勘違いで
終わってしまいますけど、これだけ現実に近いような、
「想いあっているのにうまくいかない」関係を細かく
如実に描かれているこの魅力、やめられないですねえ…。

母性を出しているように見えてエゴをぶつける女性も
登場して、それも痛いんですけれど、それもまた
恋する人間のエゴの本質を描いています。



天使という響きから考えるとファンタジー好きには
物足りないかもしれませんが、木原さん好きなら
抑えておきたい作品でした。

P.S.
これも復刊してくれないものですかね……。

| [BL・小説]木原音瀬 | 22:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - |