-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『奥さまは18歳!』/ひちわゆか(南月ゆう) | main | 2009年5月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『プライベート・ジムナスティックス』1〜3/藤たまき

面白かった!ので、感想を書くために検索しようと思ったら、
「ジムナスティックス」がうまく思い浮かべられませんでした。
ジムナスティックスって単語が聞きなれないためかしら。

単語の意味自体が分かれば覚えられるかもと思い、
調べてみたら「体操(競技」という意味でした。
ひとつ勉強になったわーとついでに検索結果を
見ていったら sexual gymnastics と言うものがあり、
訳は「セックス曲芸、セックス体操」でした。

……ジムナスティックスより気になってしまうじゃないか!
世の中には知らないことが沢山あるなあ。


そんなことはさておき、以前にスケート競技ものと
いうことで読みたかったこの作品、以下感想です。


『プライベート・ジムナスティックス』/藤たまき
新書館 (2000/12〜2003/08)
 【Amazon】

リンク・画像は2巻のもの。なぜなら
他の2冊は画像がなかったから…。

☆あらすじ
スケートクラブに通う甘夏(カンナ。あまなつじゃないよ)は
近頃スランプ気味。カナダから来たセラという少年に
強くひかれながら、彼のスケーティングにコンプレックスを
刺激されているせいなのだ。人の気も知らず無邪気に
なついてくるセラに混乱と焦燥を感じる甘夏だが……

*   *   *   *   *   *

フィギュアスケートの試合や演技そのものがメインとして
描かれてはいないので、メンタルが大きく関与するスポーツを
する少年達の物語として捉えるのが良いかと思います。


はじめはカンナ(以降カンちゃん)はセラが気になって
苛立つ→衝突して距離が近づく、の繰り返しで
なーんて青い春だよこのこのっ!といった展開で、
彼らのラブを楽しめていたのですが、途中からしんどかった…!
面白くないって意味ではなく、彼らの心情が見ていてつらいのです。

とくに2人の関係を他人に知られないようにすることで
すれちがってしまう2人がもう見ていてつらくて……!

カミングアウトして嫌われることが怖いというよりも、
カミングアウトは周りに心理的負担を与えかねないと
いうことをカンちゃんがそれをわかっているだけに、
簡単にカミングアウトすればいいとは言えないのです。

「カミングアウト」は言われた相手に「知っている」ことの
精神的負担を一緒に負わせかねないですからね。

私は親に事故的に知られてしまいましたが、いまでも、
何も知らない祖母に「孫の顔が見たい」発言をされると
一緒に微妙な空気を味わわせてしまっているので、
カンちゃんが大切なひとにほど知られたくない気持ちが
痛いほどにわかってつらかったです。(ちょっとスケールが違うな)

また、逆に、好きなのにどうしてそんなに嫌がるんだ、と
相手を疑わざるを得ないセラの気持ちもわかる。

2人とも好きあっているのに価値観をすりあわせられない、
なあなあで済ませられない年頃・環境だからこそ、
ただただつらくて切ないのです。


それでも、プライベートジムナスティックスを通して
成長した2人が最終話で和解して、カンちゃんから
コーチへの告白と抱擁、最後のページで繋がれた手と
モノローグ……、この展開はもう泣くしかねえー!
もう最終巻は怒涛の展開がたまりません。

カンちゃんたち2人だけでなく、周りの脇役達が
持っているあたたかさや苦しさを含めて、
とても愛おしい作品でした。読めてよかった。

全然魅力が伝えられていない気もしますが、
それは読んだときのお楽しみということで……、
3巻いっきよみをオススメする素敵な作品です!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |