-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『Cab vol.1』/アンソロジー | main | 『夜には凍る道』/西条公威(神葉理世) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『フライ,ダディ,フライ』/金城一紀

ここのところ毎週図書館に通っているため、
読書傾向が非BLに近づき気味です。

だからといってBLは卒業した!ということでは決してなく、
非BLは非BLで面白くて、次にBLを読むと
また新鮮に感じられてより楽しく感じたりします。
同じ味のものを食べ続けていると、あんまり美味しいと
思えないのと一緒なんですかね。

さて、今日はオヤジ好きにぜひ!とSさんから、
えーと……半年ほど前に薦められた作品です。
(ずいぶん前のことですが、オススメありがとうございました)

結果はもちろん面白かったー!オヤジ萌え!
ということで腐瞰想です。



『フライ,ダディ,フライ』/金城一紀
角川グループパブリッシング (2009/4/25)
【Amazon】


☆あらすじ
鈴木一(すずきはじめ)、47歳。いたって平凡なサラリーマン。
ただし家族を守るためならスーパーマンになれるはずだった。
そう信じていた。あの日が訪れるまでは―。
一人娘を不良高校生に傷つけられ、刃物を手に
復讐に向かった先で、朴舜臣という高校生に止められる。
そして変わった高校生たち・「ザ・ゾンビーズ」と出会い、
大切なものを取り戻すために、朴舜臣とトレーニングをすることに…。

*   *   *   *   *   *

オヤジ可愛すぎるだろ、オヤジ可愛すぎるだろ!

3回りも下の高校生朴にからかわれては
「いじわる……」と内心でつぶやき、
オリエント急行殺人事件を読んでいる朴にオチを言いたくて
「ヒント、ヒントだけだめ?」(気持ちはわかる)と訪ね、
朴に「テヘッ、って笑うな」と何回も言われても、
それでもテヘッ、って笑ってしまう47歳のオヤジ。
家族を守るためなら会社も有給とって休んじゃう。
元々のオヤジ体型もいいけど、トレーニング後はナイスバディ。

なんだこの可愛いいきもの!
鈴木つながりなのかツタさんで再生されてしまいました。

朴も、鈴木を愛情を持ってからかい叱咤しいじめ抜き、
テヘッ、って笑うなというセリフが、はるひんにおける攻めの
「あんたはばかですか」と同等の意味にしかとれません。
テーマの「大切なものを守る」を鈴木から引き出したり、
それを忘れてしまいそうになるのを押しとどめたり、
かっこいいセリフも多くて攻めとして申し分ありません。
ふたりがイチャイチャにしか見えなくて萌えまくりでした。


もちろん、小説としても面白かったです。

「憎まれっ子世にはばかる」のとおり、許せないことがあっても、
自分の力ではどうしようもないから諦める……という、現実的で
不快な感覚を吹き飛ばしてくれる痛快な展開が面白い!

もちろん現実ではそんなに上手くはいかないでしょうし、
スーパー高校生達もいません。けれど、できる限りのことをして、
抗おうとする男をみて燃えずにはいられません。

アクション映画を見たかのようなこのすっきりさと心地よさ。
この運動大嫌いな私が筋トレしようかなと思うぐらい(思うだけ)、
躍動感があって楽しかったです。

不肖ながら金城さんの作品を読むのは初めてでしたが、
作品にあった疾走感があり、また、ユーモラスで、
テンポよくあっという間に読めてしまいました。

ザ・ゾンビーズたちが主役になっている本も
あるそうなので、今度はそちらを読んでみようかな。
それとも映画を見てみようかな?
したいことが増えるって素敵ですね!


というわけで、オヤジが好きならたしかに読むべき本でした。
オヤジスキーで未読の方がいらしたら、ぜひ!
| [その他]BL以外の小説 | 22:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:53 | - | - |