-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 普通の日記 占い編 | main | 更新日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「そして恋がはじまる」シリーズ/月村奎(夢花李)
最後の最後ですんばらしい本と出会えました。
今までの月村奎作品の中で1番好きかもしれない。

シリーズと言っても「そして〜」と、
「いつか青空の下で」の続編の2冊です。

早速感想行っちゃいましょう。



そして恋がはじまる
そして恋がはじまる

月村 奎著
徳間書店 (2000.8)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

いつか青空の下で
いつか青空の下で

月村 奎著
徳間書店 (2004.6)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる


☆オススメ!!!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「そして恋がはじまる」あらすじ・感想

未樹は生い立ちや育ちが少し複雑なせいか、
イイ子を演じる癖がついている少年。
(誰だって少しはあると思いますが。)
自分に嫌悪しつつもそう簡単に変わらない日々を送る。

司法書士の浅海は落ち着いた大人。
相手が高校生でも軽くいなすこともなく、見下すこともなく
丁寧に相手の話を聞き、誠意ある返答のできる男。
ゲイで実家と断絶状態。

未樹が通う塾の上に浅海の事務所があり、
外階段でタバコを吸っていた未樹は浅海の会話を聞きいてしまう。
その会話の中で浅海がゲイだと知るが浅海は自分の嫌いな性格を
「相手を傷つけない優しさ」と肯定してくれた。
温和な浅海の人柄もあいまって次第に懐き、
ゲイでも何でも未樹の拠り所になった浅海。
しかし、ある日浅海から「来ないで下さい」と言われて…。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

未樹も可愛いけど浅海が素敵です!
最初は自分の好みでは典型的なワイルドな攻が好きで
メガネに敬語の浅海にはいまいちだったのですが。
敬語でも某指揮者の他人を遠ざけるためとは違い
心から丁寧な大人の言葉遣いにイチコロ。

未樹は未樹で自分を消してしまうタイプの。
自分が嫌だ、って必ず思いますよね。
自分が嫌いと思っているところを肯定してくれる人を
好きになってゆくのはよくわかります。
なんかもう、いい所がありすぎてうまくいえないんですが
この辺の感情の動きの精緻さが、やはり月村奎さんの魅力。

未樹が「来ないで」と言われた後に外階段で会って
未樹が泣いてしまうシーンで一緒に泣いちゃいました。
さらにその後で浅海が告白するシーンでさらに泣きました。
後編の最後の恋人でも泣きました。
あー何メチャ泣いてんだろ、でもすっきりする〜。


「いつか青空の下で」の方は大学生になった未樹と浅海。
相変わらず甘い関係ですが、浅海は未成年のうちは節度ある関係を、と
必ず家族との関係を気遣うのですが、未樹は少し不満。
熱い時期はいつだって一緒にいたいと思ってしまいますからね。
でも、浅海は家族と断絶状態なのでことさら未樹の家族には気を遣います。
そんなある日、ドライブで家の近くまで送ってくれた
浅海との抱擁を母に見られてしまうお話。

本当に、世間的に認められない恋愛で辛いのは、
家族がそれを認めてくれないこと。
一番身近な人に肯定されないまでも認められないのは
家族を大切にしてきた未樹には最悪の状態です。

産みの母親には「病院に…」とか言われるし。
治る治らないの事ではないと知っていても
親としての愛や世間体から考えるとそういう行動に出るのでしょうか…。

どんなに辛くても関係を貫いてゆく覚悟の浅海と
家族に気を遣いながらもそれだけは守り抜く未樹。
2人とも矜持が素敵です。
こっちでもまた目が潤んじゃったりして…。

月村奎さんの魅力全開で、読むと
すごく優しい気持ちになれる作品でした。

文句なしに☆オススメ!!!
| [BL・小説]月村奎 | 21:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |