-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『フライ,ダディ,フライ』/金城一紀 | main | 3P小説3本勝負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夜には凍る道』/西条公威(神葉理世)
090426_本今日は昨日の悪天候を吹き飛ばすような
強い風が吹きながらも雲ひとつない晴天でした。

図書館へ予約していた本を引き取り、
『フライ, ダディ, フライ』の作者の
金城一紀さんの他の作品を借りたり、
今週買い逃していた本を買りたりして、
とっても爽快な気分でした。



しかしその後疲れがたたっていたのか、ビールを一気飲みしただけで
爆睡してしまい、1冊も読んでないという始末……。
でも、晴天と相反するした退廃的行為も楽しいからこまりものです。

さて、今日はBL界におけるトンデモ的退廃派の
第一人者・西条さんの作品の感想です。


『夜には凍る道』/西条公威
マガジンマガジン (2002/04)
【Amazon】



☆あらすじ(表題作)
たった一度の過ちから妻の心を壊し、苦悩の日々を送る男・聡志。
彼女を溺愛する義姉に責め苛まれる日常の中で、生きることすら
苦痛となっていた彼の心を癒したのは、小さな喫茶店を
経営する青年・葉山の存在だった。やがて傷つき凍えた聡志の心に
小さな波紋が広がり、微妙な均衡は崩されるが……

*   *   *   *   *   *

BLを読まないひとが想像するであろう「BL」には、
この方の作品は含まれないだろうなあと思います。
キチ○イだわこの子…!」な人物ばっかりのBLです。

表題作あまり痛くはないのですけれど、それでも、
聡志の浮気に衝撃を受けたあまりに植物用の液体肥料を
衝動的に飲んで喉を潰し心も潰してしまった妻や、
そんな妹を溺愛して妹以外はどうでもいい義姉、
妻と義姉から逃げてしまいたいと願う身勝手な聡志。

ゆいいつまともに見えた喫茶店のマスター・葉山も、
「ここで、二人で、雪に埋もれてしまいましょう……!」と
かなり危ない愛情をぶつける男です。

いちおうカップルは成立するものの、多くのBLが
「一生愛しあいます」的なハッピーな展開を迎え、
その先のラブラブな生活を読みたくなるエンドなのに対し、
まーったくそんな気配のない、先も後も考えない、
むしろ死を思わせるような刹那的なエンドです。

JUNEとも近いように思えるのですが、JUNEが大筋として
「愛しあうには悲しい結末を迎えることもある」とすれば、
「狂っている人が愛を求めると退廃的になります」が
西条作品には相応しいと思います。ある意味BLというか、
狂っているもの同士のBLと言えるような気がします。
ピアスだからこその退廃的作品ですね……。


ピアスなので狂ってるだけでなく露悪的なまでにエログロです。
男性向けのような喘ぎ声や、ち○ぽやお○んこなどの
直截的な表現も満載、しかも1編につき4〜6枚の
大量の挿絵のうち、裸率が70%を超えています。

プレイも過激で、もっともその方面で過激だった1編、
「もっと。壊れるくらい。」では、ベランダでのアナニー、
フィストファック、も1回ベランダで電車に見せつけセックスと、
絵とあわせて電車の中で読んでたらこんな願望を
持っている人と勘違いされそうで隠すのに大変でした。

でも、こんなに後ろ向きでグロテスクなのに、
なぜか読ませてしまう力があるんですよね……。
狂っているどこかしらに共感してしまう自分がいます。


ラブラブのBLを読みたい方には全くオススメしませんが、
壊れた狂ったBLを読みたい方には最適の1冊です。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - |