-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『夜には凍る道』/西条公威(神葉理世) | main | 『吸血鬼と愉快な仲間たち 4』/木原音瀬(下村富美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3P小説3本勝負
眠気に耐え切れず、2日あけてしまいました。
もちろん今日も出勤……悲しいから残業はほどほどに
しておきましたが、空いてる電車がいと悲しき。といいつつ、
アル(吸血鬼)のせいで笑いが止まらず楽めていたり。

さて、2つほどお知らせです。
5月購入予定リストに2点追加しました。

5/8 太田出版 マンガ・エロティクス・エフ vol.57
 →「フリオの日本4泊5日の旅日記」というのが載るらしく、
  単行本収録は未定らしいので買っておこうかなと。

5/25 ホーム社 悪夢城の主/今市子
 →非BLのようですが買っておく予定。

掲示板復活しました。
  なぜか長らく繋がらなかったのですが復活した模様。
  WEBコメントレス等は今週末にさせていただきます。

以上、お知らせでした〜。
さて、約2ヶ月ぶりに3P感想です。
3冊めは結構衝撃でした……以下区切ります。


1・『千の嘘よりひとつのキス』/紫宝司

大洋図書 (1999/08)
【Amazon】



「アイツとオレとあいつの恋愛(カンケイ)!
トライアングルラブ必読版登場!!」という、
無駄に気合が入った帯をまとってぼかしつつ
3Pアピールを放っていた本書、あらすじにも
「200万の借金のかわりに埜脇に抱かれるオレを
撮り続ける飛鳥居……」、
だなんて、高校生のわりに
歪んだ愛情っぽい雰囲気をまとわせていて、
これはよき3Pか!と思ったら意外とあっさりでした。

禁忌の関係を匂わせているのに葛藤も大して強くなく、
あっさりと「2人とも好きだ!」エンドになってしまって、
肩透かしでした。誰にとっての必読版なんだろう、この作品。

いや、別にBLとして間違ってない方向性なんですけれど、
某ジュ○ットの表紙に好きな作家の名前が書いてあって
喜び勇んで買ったらエロモノローグページの
絵だけ担当していたときのがっかり感というか……。
もっとドロドロコテコテを期待していたのでちょっと寂しいです。
なんかもう戻れないところまで来ちゃってますかね、私。


2・『甘くキスして惑わせて』/望月広海


プランタン出版 (1998/05)
【Amazon】


10年ぶりぐらいに再購入・再読しました。(初版1998年)
10年前に3Pリストを作ってもう一度まみえることに
なるとはBLの神様しか思うまい、です。

さて、感想としては、そうだった、こんな話だったー!
という懐かしさが先にたちました。覚えているってことは、
昔っからけっこう好きだったんですね、3Pがきっと。

双子もののテンプレというべき、落ち着いた兄&やんちゃ弟です。
ラピス・リーフが全盛期だった(と思う)頃の作品ゆえに、
一応は悩むけれども一瞬で受けの悩みは解決し、
ラブラブに終わります。まったく頭を使わずに読めました。

受けの兄も、兄の友人(男)も3人の関係を知っており、
双子兄と別れた相手も兄の部活の後輩でもちろん男。
兄以外はみんな登場人物は男が好きという、
時代を象徴するといっても差し支えない作品です。
お気軽に楽しみたい3Pとしては最適です。

これはこれで面白いんですけどね、BLの書き手も読み手も、
(年齢と共になのか?)熟してきていると再認識しました。


3・『DEAD END』/桃さくら

竹書房 (2009/4/25)
【Amazon】



旧版をお借りしていたので、買うかどうか迷っていたのですが、
奈良さんのチラシだったからレジ行き決定した本です。
が、冒頭で述べたとおりかなり衝撃的でした。

なんと、恭太郎と勇気のリバーシブルカップル、プラス、
勇気の父親総攻めが加わる親子丼3Pです。
図式にしますと、このようになります。

やっつけですみません近親の 3P は珍しくないですけれど、
直接繋がることは珍しい……!

恭太郎はそんな歪んだ関係に苦悩しますが、
勇気にとっては父親が絶対の信奉対象のため、
自分が愛されて嬉しい→恭太郎も父に
愛されて嬉しいだろう、というおかしな思考で悩みなどしません。

しかし、そうなるように育てたのは勇気父と言っても過言ではなく、
つまり、勇気父がいちばんヤバいやつということになります。

大体、お初はどっちも父親がいただいてるってどうなんだ!
他の人間とも遊んで悦楽が最優先な感じがするし、
しかも、禁忌の関係に背徳を感じている恭太郎に対し、
「夢だと思えばいいんだよ」って……それって洗脳ですよね。
なんというか、ここまでいっちゃってるとさすがに引きます。

エロは二本挿しにリバにくんずほぐれつで濃いんですが、
このオヤジのせいで、3人の結びつきというか、
BL的な何かが脆く感じてしまいました。

オヤジは好きなんですが、これはちょっといただけない…それに、
自分の性器を「剣」って真剣に言っちゃう男は好きになれねーよ!
(中原さんのオヤジみたいにジョークぶってるならOK)

3冊めだけかなり異色で印象には残る3Pでした。
オススメはしませんが、普通の3Pじゃ不足なかたは試しにどうぞ〜。

| [その他]3P特集 | 23:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:43 | - | - |