-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3P小説3本勝負 | main | Goldが飛んでいくWeek >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『吸血鬼と愉快な仲間たち 4』/木原音瀬(下村富美)

GW前の仕事納め、ということで若干早めに終わりまして、
というか無理やり終わらせて、今日こそ本屋に行くぞお、
『タイトロープダンサー』の続きを買って読むんだ!と
意気込んでいたのに、寄ったところ全て在庫無し……。

せっかく早く帰れたのに楽しみにしていたものが
ないなんてへこむわー。明日リベンジ!

さて、楽しみにしていたといえば吸血鬼!
シリーズの全巻の感想を、遅れながらもリアルタイムで
書いてるのってこの作品ぐらいなもので、
そのくらい楽しみにしているのですが……、
今回は大きな転換期でしたね。以下、感想です。


『吸血鬼と愉快な仲間たち 4』/木原音瀬
蒼竜社 (2009/4/24)
【Amazon】



☆あらすじ
ドラマロケは無事に終了したものの、蝙蝠姿のアルは全身怪我だらけ。
さすがに完治するまでは日本に帰ることができなくて、
暁と一緒にリチャードの暮らす憧れの街、ロサンゼルスへ寄ることに。
怪我は痛いけどワクワクのアルとは対照的に、暁は何故か浮かない様子。
そんな中、ロサンゼルスに向かう機内でハイジャックにあってしまう。
怪我を負った蝙蝠アルは暁を救えるのか……?

*   *   *   *   *   *

今回は前半から危険な事件が起こったというのに、
肉体的には痛いのに、だめだ、どうしても笑ってしまう。

卑怯だろう、イケメンなのに脱出時に裸エプロンで、
モンローのポーズは!(笑) しかも挿絵つき!
電車の中で不審人物として訴えられてしまうところでした。
アルの可愛さは卑怯です。

周囲の人に関係を勘違いされるお約束も健在で、
ハイジャック犯はもちろん、救出に来た特殊部隊、
空港で少年に勘違いされたまま言いふらされ、
衆人環視の刑にさらされます。
そのたびごとに暁たちをとりまく誤解の空気に
くすりと笑ってしまいます。お約束って強いなあ。


しかし、その誤解どおりの関係にいつかなると信じつつ、
あと何冊ぐらい待てばいいんだろうなあと思っていたら、
いきなり(といっても4冊目なのでBL的に考えたらかなり遅め)の
にゃんにゃん……朝チュンだけどよかったなあアル!と
喜んでいたのです、が、しかしさらに急転直下の別れです。

前半で笑いまくったぶん、あんなに楽しくさせてくれた2人が
離れなくてはいけないその理由に笑えなくなってしまいました。

「ぼくがいる ずっといる さびしい ない」
感動すらした、暁に向かってアルが言った言葉なのに、
「ずっといる」から、暁もアルを憎く思ってはいないから、
逆にだからこそ距離を置こうという理由になっているのです。
どっちも間違っていないからこそ、せつない。

ああ、もう出たばっかりで読んだばっかりなのに、
続きがどうなるのか、気になって仕方がないのは
どうすればいいの、続きはいつっ!?

いけない、続きが読みたい病にかかってしまいました…。
1巻で完結は願わないけど区切りよい状態で読みたいです。
確実に精神状態に影響するッ!


基本的に木原さんの小説の成分は、痛みとそれに
伴う甘さが中心で醍醐味だと思っていたのですが、
笑いとともに切なさを中心に据えていても面白いですね。
あるものと相反するものがあるから際立つ面白さを
描く筆力は変わらないということでしょうかね……。


まだ未読のかたがぜひこの連休の間にでも読んで、
続きが読みたい病に罹ってしまいましょう!
| [BL・小説]木原音瀬 | 01:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:17 | - | - |