-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『吸血鬼と愉快な仲間たち 4』/木原音瀬(下村富美) | main | 5月もニヨニヨ:4月の読書メーター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Goldが飛んでいくWeek

GW到来、ひゃっほほーい!

連休っていいですね、頑張って働いたからこそ
かみしめられるこの充足感っていうんですか?
つかの間ですけれど味わいたいですね、ゆったりと。

いや、こんなに清々しく、燦々とした陽射しが
ふりそそぐ朝に生きていることに感謝して
地球愛につながる行動をとるべきではなかろうか?
ということで同人誌即売会に行ってきました。

昨日の記事を書いたあと、休み前のハイテンションが到来し、
わくわくしてネットしていたら、本日に野郎フェスという
イベントがあると知り、急遽行くことにしました。

なーんも調べていなかったのですが、前身ともいえる
雄ケットには行ったことがあるのでなんとかなるだろうと…。
人生衝動よ!


11時開場、10時が来場可能時間ということで、
10時20分頃に会場へ行ったら40番台の整理券をもらえました。
30分ちょっと待つだけで入れるのに40番台、余裕な番号です。
J庭で知らぬ間に鍛えられていたのかしら。(マヒしたとも言う)


さて、30分の間に移動したりパンフを買ったりと
忙しかったですが、印象的だったのが年齢確認です。

かなりガッチリと固定できる
写真入りの証明書を用いて年齢の確認、
確認した人には左の写真のような
リストバンドを巻いてその証拠とする、
手が込んだ確認方法でした。




ただでさえ肩身の狭い成年向け含むイベントなので、
こういった自衛措置って面倒だけど大切ですよね。


サークル数は少ないのであっというまにチェックも終わり、
あとは待つだけ。1人だけなので細かい作戦は立てず、
壁の混んでない所→島中→大手の列が減った所、と
大雑把に考えていたら、いつの間にか入場時間。

4階までの長い階段を上ると会場だった(川端風)、が、
狭い!ビッグサイトとか体験しちゃったから狭く感じる!
昔はこれでひいこらしてたんだよなー……。
自分がだいぶ遠くへ来てしまったなと思います。

しかし、それゆえの障害もありました。狭くて暑い。
天候のせいもあるけれど、天候のせいばかりではなさそう。

というのも、「野郎系オンリー」という特殊なジャンルゆえか、
少なくとも男:女の比率が9:1 とまさに野郎ばっかりで、
私を含めゲイ側の腐男子が多いと見受けられるので、
ガチムチやムチムチのひとも必然的に多く
(関係ないけど明らかにゲイゲイしいひと率も高い)、
そうなると質量も熱量もあがるわけですね。

体温低くて隙間をぬって移動できる体型で助かりましたが、
これは男性向けに近いつらさなのではないかなと思ったり。


そんな思いをしながらも、買い物は順調にできて、
実物を見て買わなくていいやと判断したもの以外は
全部問題なく買えてしまいました。しかも開始30分で!

まあ、私は野郎系の世界で人気のあるジャンルである、
「太め」がダメなのでそちら系の人気サークルを
回る必要がないってのも大きいんですけどね。

そんなこんなで12時前には最寄り駅の川崎駅に戻り、
カップルや子供連れで賑わうラゾーナをイベント後の
ハイテンションで練り歩き、買い物までする余裕がありました。
やっぱり、いつの間にか鍛えられている自分がいる!
あー、自分がこわいこわい。(まんじゅうこわいの意味含む)


というわけで、今日の収穫物(↓)です。

090501_本

少なめに見えるけどこれでも予定より多くなったのです……。

冊子の写真で、もしかしたらお気づきになった方も
いらっしゃるかもしれませんが、サークルカットには
トリコとしか書いてなかったサークルさんの本が、
なんと鬼嶋さんも描かれているアンソロだった!なんて
嬉しい驚きもあったりしてつい買いすぎました。

うん、まあ、でもGW1日めを満喫できました!
明日もどうしようかな、フフフ。と悩める連休って
素晴らしいですね!皆様もよいGWを〜。

P.S.
帰りに寄った書店でまた『タイトロープダンサー』がなかった……
Amazonに在庫あったから注文してしまいましたが何故?

| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |