-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スパコミとリア充と | main | GW最終日ぐらいはおとなしく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『唇にキス 舌の上に愛 〜愛と混乱のレストラン3』/高遠琉加(麻生海)

このGW中のイベントで買った同人誌を
全て読み終わりました。マンガは読むのに
時間がかからなくていいですね。

逆に小説、特に商業誌はたまってしまいがちです。
けれどどうしてもやめられないのは、やっぱり、
この作品のように小説でしか味わえない面白さが
あるからやめられないんですよねえ……。
完結してさびしいけど読めてよかった!

それでは2巻の感想が無いなりに3巻の感想です。



『唇にキス 舌の上に愛 〜愛と混乱のレストラン3』/高遠琉加
二見書房 (2009/4/23)
【Amazon】


☆あらすじ
瀟洒な一軒家のフレンチレストラン「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」。
支配人として出向してきた理人には、この店を足掛かりに
フレンチの老舗「ゴルド」を買収するという目的があった。
上司の叶はよき理解者だが、父に遺棄された理人は
当時の思い出に絡む叶の想いを受け止めることができない。
その理人の心をさらにかき乱すのは、シェフという立場を超えて
内面に迫ってくる久我の存在だった。怖いのに優しくて、
出会ったときから自分を壊してしまうとわかっていた男――。
嵐のような奪われた一夜が明け、理人の前にいたのはしかし…。

*   *   *   *   *   *

あらすじどおり、2巻では久我とだんだん距離を詰めながらも、
過去に囚われて「ゴルド」の束縛から離れられない理人を
久我が強引にやってしまい、心が別れかけて終わり……という
なんとも生殺し状態だったのですが、焦らされたぶんを
上回るほどに素晴らしい展開でした。


1巻・2巻でも痛々しくて涙腺を危なくさせられましたが、
理人の「ゴルド」の呪縛が解けたときは、ましてなおのこと。
彼が久我の料理を食べて、涙を流した瞬間に一緒に泣けました。

フランス在留中の話を交えながら描かれていた、
久我にとっての「料理」「食べること」を、
この食事のシーンで理人が「味わうこと」で心も身体も
受け入れたわけで、本能的でありつつも、あとで交わされた
言葉よりも久我の雄弁なプロポーズに感じられたような……。
(もちろんあとでの告白も萌えまくったけど)

ああ、もう上手く言えない。言いたいことがあるけれど
言葉にならなくて口元で止まっちゃう理人と同じ状態です。

でも、食を楽しむことで過去から開放された理人と、
その機会を理人に与えた久我、2人が料理によって
響きあった、その感動は止まることなく染み入ります。

ひとに料理を作ることと、ひとの料理を食べるのを
見ているだけなのに、こんなに感動したのは初めてです。
ご馳走様でした!


……蛇足ですけど、食事ってぶっちゃけ栄養素さえ
摂れればなんでも同じなのに、味を調え、
見た目を整え、味わう準備をします。
必要ないと言われたらそれまでですけれど、
それは人生とも同じで、「あそび」のない人生は味気ない。
前者だった理人の食事が、後者に変わったことは、
まさに人生が変わったんですよね。

「人間は愛とメシ」と言っていた久我の言葉が、
ちょっと理解できるかも。愛も、食欲→食事と同じように
性欲→性愛のバージョンアップと考えれば、
精神的な意味でも人間は愛とメシかもしれない。
毎日の食事、もっと大切にしよう。


美味しそうな料理描写、脇役の描写、仕事の描写、
短めでエロくはないけれど、思いの丈を味わえるHシーン、
最後の「夢の庭」のエピソードにいたる仕上げまでと
素敵に料理された作品でした。

嬉しいことに、一の物語はスピンオフとして出されるそうです。
とりあえず久我と理人の話は完結しているので、
完結を待っていた人は今こそ一気にどうぞ!
| [BL・小説]高遠琉加 | 21:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - |