-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GW最終日ぐらいはおとなしく | main | 『俎上の鯉は二度跳ねる』/水城せとな >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛しているにもほどがある』/中原一也(奈良千春)

今日は定時で仕事を切り上げ、そのまま会社で
欲しい本をまとめ、図書館の本をネットで予約していました。

コードさえあればどこからでも予約できるのは
本当に便利ですね。便利すぎて借りまくっているため、
住民税分ぐらいは元を取っているような気がします。
今度はリクエストをしてみようかな……。

ただし、BLは引き続き自腹を切って買うつもりです。
だって、内容的にもタイトル的にも全サ的にも
買わないといけないものが多すぎるから!

ということで、3拍子揃ったこの作品の感想です。
(前作から3年も経ってるのかあ。ちょっと驚きです)



『愛しているにもほどがある』/中原一也(奈良千春)
二見書房 (2009/4/23)
【Amazon】

(この表紙は帯で隠さないほうが素敵!)

☆あらすじ
坂下が日雇い労働者の集まる街で診療所を開いて約一年。
優しげな外見に似合わずゲンコツで荒くれ者たちを黙らせる姿は、
待合室の名物と化していた。そんな坂下と深い仲の斑目は、
かつて天才外科医と謳われたほどの腕を持ちながら、
気ままなその日暮らしを決め込む変わり者。
フェロモン垂れ流しで坂下を求めてくる斑目に
自ら欲しがるほど溺れつつも、羞恥に焼かれる男心は複雑。
だがある日、医者時代の斑目を知る美貌の男・北原が現れて……

*   *   *   *   *   *

枯れたオヤジが好きです、でも中原さんの
ぎらぎらオヤジのほうがもっと好きです!
というわけで前作同様、いや、さらにエロオヤジパワーが
増強されたセリフをいくつかご紹介しましょう。
白衣の先生に悪戯をする快感がたまんねぇんだよ。
恥辱の診療ベッド、なんつってな (p.16)
このAVのタイトルばりのおっさんセンス!
俺のキャンディバーは、先生だけのもんだよ (p.104)
どうかと思うキャンディバーという呼称を自分で言ってしまう感覚!
気持ちいいお注射は、好きだろうが (P.212)
自らお注射と(以下略)!エロオヤジの域を超えて、
変態の域にまで突入している素晴らしさです。
しかもエロシーンはかなり濃厚です……うっとり。
あ、引かないように!ドントバック!(?)

けれどこんな下劣なことを言っていても許されるのが
斑目という男の、不思議なパーソナリティ。

うっかりは○べえの子供っぽい軽薄さがあると思えば、
○さん○さんのような爪隠す鷹の能力を持ち、
柘植の飛○の男臭さと渋さもあるという、
ひとり何役もこなすかっこよさなのです。
坂下先生が惚れてしまうのもしかたがない!

坂下先生もかげろうお○ばりの色気があるし、
ご老公のようにみんなに愛されるキャラで、
とても親しみやすいのです。

そんな2人が、労働者街を舞台に起こる事件や
斑目を狙う敵に対して、力を合わせて解決し、
ほろりとくる人情話も交えるとあっては、
まさしく(エロ込みの)水○黄門です。
(さしずめ風車の矢○が双葉?もうちょい軽薄かな)

この展開は凄い!というビックリ感はないのですが、
彼らや周囲が生き生きと描かれているだけで楽しいのです。
中原さん以外誰も書かないであろう労働者街BL、
楽しんで読めました!


一応今回登場した難敵は撃退することができましたが、
越前屋レベルじゃない黒幕は敗北していないですし、
展開的にもまだ続けられそうな感じなので、
これからも続きを書いてくれると嬉しいです。

ということで、オヤジ臭いBLがお好きなら是非、
苦手でも引かずに挑戦してみるのも吉かと思います〜。
| [BL・小説]中原一也 | 22:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |