-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『flat』(2)/青桐ナツ | main | 『生徒会ナイツ 〜嘘だけ信じてね〜』/佐伯まお(すがはら竜) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
非BL小説感想メモ@2009.05.11

ここのところの図書館通いで急に非BLが増え、
かつ、下調べをしてから借りているので、
非常に当たり率が高いです。

当たり率が高いとなれば、感想を書きたくなるわけで、
5冊まとめて一気に感想です。
BLじゃありませんが、おヒマでしたらお付き合いください。


1・『シンデレラ・ティース』/坂木司

光文社 (2009/4/9)
【Amazon】



坂木さんの描かれる世界は善良すぎる、
と以前に書いたような気がしますが、
それが上手く溶け込んでいる気がしました。

めずらしく女性が主人公なのにも、今までの主人公達より
やわらかい雰囲気が不自然でなくぴったり来ていて、
ひきこもりシリーズより好きになりました。

自分の苦手だったところが気にならなくなったら、
歯科医ではなく歯科技工士が探偵役、というのも
新鮮でしたし、ものものしい事件にもならない、
とるに足らないちょっとした謎ときも面白かったです。

最近、読みやすさも含めて日常系ミステリが
好きになってきたせいもあるかもしれませんが、
ライトに推理ものを読みたいときには良いと思います。


2・『サイン会はいかが?』/大崎梢

東京創元社 (2007/04)
【Amazon】



久世番子さんがコミカライズしていることで
読み始めたこの成風堂書店シリーズですが、
本が好きな人なら大抵本屋も好きなわけで、
その内情、また、本屋で起こる日常的な謎が
描かれるのにはそりゃ読んでて楽しくなるわけですよね。

1冊目の『配達赤ずきん』、2冊目の『晩夏に捧ぐ』(これは長編)、
3冊目の『サイン会はいかが?』、どれも面白かったですが、
その中で良いなあと思った、少年と父の思いをつなぐ「君と語る永遠」、
常連さんとパートさんをつなぐ「やぎさんゆうびん」が
収録されている3冊目を選んでみました。が、どれも、
大きな事件に繋がることは少ないですけれど、
人情話や本屋への愛情を感じさせるのが快いです。

ちなみに小説を読んで久世さんのコミカライズは
かなり丁寧に作られているんだなーと再認識しました。
出版社の営業さんが主役の「平台がお待ちかね」も
コミカライズして欲しい……もちろん絵はかーやまさんで。


3・『仏果を得ず』/三浦しをん

双葉社 (2007/11)
【Amazon】



古典芸能って高校のときに一回見たんですが、
そのときは眠くってしょうがなかったくせに、
いまは無性に文楽が見に行きたいです。
一回見てみたいな、もっと詳しいもっと面白かったかも、
そのあともう一回読んでみたいな、と、別の方面に
興味を持つ動機になりうる本ってすごいと思います。
(『あやつられ文楽鑑賞』は勢いで買っちゃった……)

とっつきようがないと思っていた文楽が、
意外と面白い解釈が出来て、まるで演技の世界のように
楽しめるものなんだ、とわかっただけでもよかったです。
そして心情が分かれば実力を発揮できる主人公・健は
マヤばりに神がかっていて、熱演するシーンは興奮しました。
うーん、こんな作品も書けるとは……すごい。

あんまり萌えは期待していなかったんですが、
師匠が萌えでした。女好きで遊びまくりなのに、
嫉妬する相手は三味線の相棒。そんあ深い繋がりが
ある世界をぜひ同人誌でねっとりと書いて…はくれないか。
それがダメなら、続きを書いて欲しい気もします。
演目の数だけ続けられそうな気もしますしね。


4・『レヴォリューションNo.3』/金城一紀

角川グループパブリッシング (2008/9/25)
【Amazon】



男の子ってばかだなあ。でもいいなあ、と
思わざるを得ない高校生達の話。

やってることはすんごくばかでくだらないんだけれど、
私が入れなかった「男の子の世界」を楽しそうに
生きているのにすごくあこがれてしまいます。

悲しくてつらいシーンもあるのですけれど、
それすらもプラスの方向へ転化して、
吹き飛ばすような力に溢れています。
あ。IWGPとも似たような雰囲気がありますが、
あちらより著者のメッセージ性を控えめにして、
その分を疾走感に回したような印象です。

『フライ, ダディ, フライ』のときも思いましたが、
このスピード感は癖になりそう……。
ちなみに朴くんはここでも男前でいい婿(オヤジが嫁)でした。


5・『ななつのこ』/加納朋子

東京創元社 (1999/08)
【Amazon】

作中に「ななつのこ」という作品が出てくる、
いわゆる、メタな要素があります。

が、チンプンカンプンなSFになるわけではなく、
作中の「ななつのこ」を書いたとされる著者に対して、
感動した「私」がファンレターについでに、
周囲で起こった出来事を書いたら、それに対して
推理が帰ってくる……という日常ミステリです。

これは『平台がお待ちかね』の作中で出てきた作品で、
面白そうだなと思って読んでみましたが、大当たり!
連作の1話1話が繋がっていて、ラストまで、
全部を含めて「ななつのこ」を構成しています。
たしかにこれは本好きにはたまらないかもですね。
(……ちょっと意味不明ですけど読めばわかるかと。)

文庫ですら約10年前の古い作品なのに、
主人公の女の子は独特な性格なのに気に障らず、
全く古さを感じさせない瑞々しさに爽快感を感じました。

でも作中「ななつのこ」の安楽椅子探偵が
「あやめさん」なのはちょっと恥ずかしかった、
ということはどうでもいいこととして、オススメです。


たまには非BLもいいよね、ということで以上でした〜。

| [その他]BL以外の小説 | 22:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:54 | - | - |