-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 非BL小説感想メモ@2009.05.11 | main | 『負けず嫌いな僕ら』/渡海奈穂(富士山ひょうた) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『生徒会ナイツ 〜嘘だけ信じてね〜』/佐伯まお(すがはら竜)
なにをもってトンデモというのか、というのは
本当に難しいし人それぞれだと思いますが、

・設定
・人物
・展開

のどれか(複数可)が奇抜で、かつ、読んでいて
楽しい本がBLにおけるトンデモだと思うんですよね。
人を泣かせるより笑わせるほうが難しいというとおり、
奇抜なだけでは笑えないのですが、このひとのは
自分にとっては楽しいんですよねえ……好きだなあ、
と噛み締めた一冊でした。

以下、アホアホ感想です。


『生徒会ナイツ 〜嘘だけ信じてね〜』/佐伯まお
ハイランド (2004/3/12)
【Amazon】


☆あらすじ
子リスみたいにプリプリで可愛い鮎川に脅され、
“生徒会サロン”なる店で働くことになった内藤。
命令された通り、鮎川のピンク色の乳首を摘んだり
育った硬直を弄んで高飛車に苛めてみる……と、
いつも偉そうな鮎川が天使みたいに健気に喘いでいる。
ヤバイ―この潤んだ瞳、桃みたいなお尻、
鮎川の全部を自分のものにしたい!
だが、ある日エリートサラリーマンがあらわれ……

*   *   *   *   *   *

みなさまご存知の通り、一昔前にBLで主流だった高校生もの、
とりわけ生徒会といえばテンプレでした。
なぜか先生よりも権力が強大な生徒会長が鬼蓄だったり、
苛められそうな小鹿系がいたり、
長髪のあやうい美形がいたりしました。

はっきり言ってそれはもうおなかいっぱいな設定なのですが、
なんとこの作品ではその生徒会を演じる「サロン」を書き、
テンプレを覆しています。まさに逆転の発想ですね!

というわけで、設定がくだらなくも楽しいのです。
サロンでは、生徒同士が(15禁レベルで)絡んだり、
原則18禁はしないレベルでお客を楽しませ、って、
これって昨今流行の2.5次元的なカフェに似てる……?
時代を先取りしていたってことでしょうか。恐ろしい子!


また、設定だけでなく、人物も読んでいて楽しいです。
テンプレどおりのキャラだともう慣れてしまって
新鮮味はありませんが、今回は「演技」のため、
キャラと中身がかなり異なります。

あらすじのとおり、小鹿系の鮎川はドスを持ち歩くチンピラ、
偉そうな生徒会長なのに中身は平凡でものぐさ、
やんちゃ系も鬼畜な副会長も中身は全然違い、
とどめに長髪美形はマキシミリアン・ギャラクティカ。
(逆転裁判をやったひとしかわからないか…
派手なのに喋るとかなりなまりのきつい東北弁です)
……やばい、こいつら面白い!

そして、BLに染まっていない平凡な攻めが
小気味良く、こんな風にツッコミを入れます。

それにしても……ありえないだろう。
生徒会長が教師をお仕置って。(p.19)
なんだ『おちんちんの涙』って。
たかがガマン汁じゃねえか。けっ。(p.45)
鬼畜でラブラブって、対極にある言葉同士を
無理矢理並べているけど、要するにエロだろ?(p.67)
作品の基にもなっている、いかにもBLな設定や単語を
いじって笑わせるテンポのよさはたまりません。

全体的におかしいんですが、破綻はしてないんですよね。
エロを増量しつつ(黒ラキだから)、突飛な設定を練り込み、
笑わせてくれる。これぞ素晴らしいトンデモBLだと思います。

絶対のオススメ、というわけではありませんが、
B級グルメを味わいたい方にはオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |