-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『生徒会ナイツ 〜嘘だけ信じてね〜』/佐伯まお(すがはら竜) | main | BLコミック感想メモ@09.05.17 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『負けず嫌いな僕ら』/渡海奈穂(富士山ひょうた)

こんばんは、ちょっと肌寒い土曜でしたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は死んでいました。

早い話宴会中にトイレでゲロしちゃいました☆
宿をとってもらってさらに寝ゲロしちゃいました☆
…………後悔。

でも、
・一番のやり手だけど気さくな営業の先輩
・ずっと面倒を見てもらってる同じ部署の先輩
・あまり関わりはないけどやんちゃな営業の後輩
に介抱してもらうって美味しいよね!
………………最低。
お礼をしないといけないですよね、どうしよう。

というわけでそんなダメ生活を送っている私とはかけ離れた、
熱い青春をおくる青少年たちの話が今日の感想本です。


『負けず嫌いな僕ら』/渡海奈穂
マイクロマガジン社 (2004/10)
【Amazon】



☆あらすじ
陸上部の合同合宿で、赤堀保はライバルの西崎賢二と同室に!
インターハイ常連の西崎は、美術部とかけもちを
している赤堀に対して「いいかげんだ」と冷たい態度。
周囲とも衝突してばかりの西崎を心配した赤堀は、
なんとか彼に近づこうとするが、いつもケンカになって
ふたりの距離はなかなか縮まらない。それどころか西崎は、
「美術部なんかやめろ」と言ってきて……。

*   *   *   *   *   *

陸上にかける男の子達の合宿…現実なら汗臭いけど
BLにすると不思議と青春を感じて甘酸っぱく感じますね。

陸上に対して並々ならぬ情熱を持つ西崎は、
赤堀の「絵も陸上もどっちも大事」というスタンスに
対して、ひどくイラつき当たってしまいます。
……青いですなあ、この感覚!

まあ、もちろん、BLゆえ、ラブだからという理由も
根底にあるのですけれど、自分が好きな分野で
才能があるのに努力を怠る人間を見ると、
むかついてしまうことってありますよね。

またその逆で、さほど努力もしないのにできちゃうやつも
いたりするのが才能の世界なんですよね……。
私も昔野球をやっているときに味わった苦い記憶があります。
(ひとには向き不向きがあると早めに分かってよかったですけど)

もちろんそれは人それぞれのスタンスだから、
他人が口を挟めるものではない、と大人の意見を言えない、
特に「才能」のレベルがはっきりする高校生ぐらいの子が
もどかしく思う、その青い心理を懐かしく思いました。

それは譲れないものとしてぶつかりあい、それでも
やっぱり好きだから近づきたいし分かりあいたい、と
互いに恋愛も陸上も大切にしているのがとても良かったです。
うーん、若いっていいですね!


また、恋愛面においても、西崎が寮に入っていたり、
高校生にしては付き合うのに大変な物理的距離があったりと、
甘酸っぱさを感じさせるシーンが多かったのですが、
中でも特に、受けがケータイを持ってないのが一番でした。

相手の家の電話にかけなきゃいけないのイヤだな、
直で相手が出てくれないかな、いっつも苗字で
呼んでるけど家族にとりついでもらうときは
なんて呼べばいいんだろう、……とか考えていた、
ケータイのない学生時代を送った人間ホイホイでした。
本人達は大変だろうけどこのもどかしさがいいんだよー!

高校生らしく初々しい手コキシーンもいいですし、
初インサートのときも戸惑ってる感があって、
濃くなくも全体と合っていて良い趣きでした。


読後感も清々しく、心が洗われた気分でした。
たまには高校生ものもいいですね!
高校生、とくにスポーツものを読みたいときはどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:39 | - | - |