-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『負けず嫌いな僕ら』/渡海奈穂(富士山ひょうた) | main | 『ニッポン擬人化』/アンソロジー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLコミック感想メモ@09.05.17

以前からコミックの感想って難しいなーと
思ってたのですが、4年目にしてわかりました。
1冊通してずっと同じカップルを
書いていることが少ないからだ!
1カップルだけ好み、ってのが困るんですよね。
(蔵書整理的にも……。)

というわけで今日はまとめて、部分的にツボだったり
好みだった、書かないには惜しい作品の感想です。
ネタバレってほどでもないですけれど、
展開バレ多めなので区切ります。


1・『テレビくんの気持ち』/松本ミーコハウス

幻冬舎コミックス(2009/04)
【Amazon】



表題作は幼馴染っぽい俳優×学生、
次にアイドル×マネージャーと来て、
可愛いなあ、うんうん(つまりそこまで萌え悶えていない)と
読んでいたら、表題作の学生がバイト代理を
していたコンビニの若店長×本部の担当者に
ズキュウゥンとやられました……!

あることで悔やんだり怯えたりするマジメ受けと、
元ヤンキーなのに(?)受けをやわらかく
包む年下抱擁攻めの話に萌え悶えです。

攻めがさりげなく下心があると告げただけで
顔中真っ赤にして逃げていったりする受けの
可愛さは勿論なのですが、自分のほうが
先にいってしまうのを密かになんとかしたいと
攻めが顔中真っ赤にして思ったりして、
両方とも可愛い……!全部がツボでした。

松本さんの描く照れた顔はツボだなあ…
あれ?でも他のはさほど深くツボに
入らなかったのは何故なんだろう。


2・『日曜日に生まれた子供』/紺野キタ


大洋図書 (2009/3/28)
【Amazon】

これはもうシルバーラブ作品、
「先生のとなり」の一択でした!

そうだよね、教師と小学生だと犯罪だけれど、
長い年月(40〜50年ほど?)を経てればこんなに
美味しいシルバーラブになるんだよね!

教師と生徒、元教師と元教え子、そして
恋人同士という関係が重ねられたからこそ
醸し出される熟した雰囲気が素敵です。
(元教え子の攻めがエロ中年なのもなお良い。)

同時に、年齢を重ねてきたがゆえに、
若いカップルの未来が永遠に続きそうな
雰囲気ではなく、どこか終わりがひたひたと
迫っているようなさみしさや孤独も味わえて、
なんだか人生の妙味を味わったような気分です。

他の百合作品とかも面白かったけれど、
これだけずば抜けて好みでした。


3・『社長と秘書、愛の証明』/町屋はとこ


リブレ出版 (2009/5/9)
【Amazon】

これも表題作ではなくて、無口で無表情な上司と、
とあることがきっかけで五里霧中になって
しまっている部下の話が好きでした。

お互いの傷を舐めあうようなはじまりから、
体を触れ合わせて、セックスをして、
しだいに癒されて構築されていく関係が
じんわりと心に染み入りました。

町屋さんの描くHシーンは激しくはないけど
エロくて優しさに満ちてるんですよね。
前戯とかピロートークのシーンから
幸せそうな雰囲気が伝わってくるからかしらん。

他の2作もその雰囲気は変わらないので、
安定して楽しめた1冊でもありました。


4・『この世異聞 其ノ参』/鈴木ツタ


リブレ出版 (2009/5/9)
【Amazon】
いちおう表題作は『この世異聞』ですけど、
『この世天国(ヘブン)』がメインでしょう、
どう考えても!(ページ的にも)
1〜2巻でもメインカプより気になっていた
美術館館長メインの話がついに来たー!

あいかわらず奔放に見えて小悪魔系、
だけれど自分からは決してしかけないという、
不思議なキャラだった館長が、
天然で鈍チンの年下男を思い通りに
できないのにニヤニヤしてしまいました。

……と思ってたらアレせずに終わってしまった。
鈍すぎるだろう、とっとと先へ進まんかい、と
念じていたらラストに出てきて、わーい、と
喜んだのもつかの間、結局無しかッ!
小悪魔だったはずなのに襲い受けに転進せざるを
得なかった館長のそのあとが見たかったのに!
次のソブレの単行本の機会に描いてください!


以上4冊でした…ってここまで書いて気づきました。
ヒゲとかシルバーとかオヤジとか、つまり、
萌えツボの問題なのかもですね……
いまさらな気づきばっかりの日曜でした。

| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |