-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLコミック感想メモ@09.05.17 | main | 『王子様には秘密がある』/高遠琉加(南国ばなな) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ニッポン擬人化』/アンソロジー

なんだかここ2週間くらい、PCの挙動があやしいです。
デバイスが認識しなくなったり、起動の時に今までは
出てこなかったメッセージがあらわれたりと恐々です。

前回(といっても約2年半前)の轍を踏むまいと、
バックアップ用に外付けHDD を買ってきましたが、
やっぱり不安なものは不安です。
近いうちに更新が途絶えたらPC故障と思ってください。

PCなんて高いしすぐ不機嫌になるのに欠かせないなんて、
どんだけツンツン受けとヘタレ許容攻めだよ……。

なんてPC×人間の妄想はやめておいて、
こちらの日本全国妄想本と行きましょう!
良悪入り混じりですがよろしければどうぞ。



『ニッポン擬人化』/アンソロジー
コアマガジン (2009/4/30)
【Amazon】

超豪華執筆陣でおくる、って
帯に書いてありますけれが、
すみません、半分も分かりません……
「(drapの)」を補足してくれればいいのに。

さて、擬人化凡本という面白い試みでしたが、
自分にとってのマイナス点は以下の通り。
 
・キャラに統一性がない。

アンソロジーだからしかたがないとはいえ、
さっきまで別の作家でお気に入りだった県のキャラが
まったく印象が違っているキャラになってしまっている。

・県の登場回数が偏る

東京、大阪、京都など、特徴を抽出しやすい県が何回も出てくる。
しかもそのたびにキャラが違うので混乱してしまう。
逆に自分の県しか登場しないキャラが不憫。
登場回数の上限を決めたりできなかったのかな…。 

・キャラが大雑把すぎる
誰がどこがと特定はしませんが、メインの県はまだしも
それにからむ県が自分にとってはテキトーすぎるときがある。
県全体だからあいまいになりがちなのもしょうがないけれど、
擬人化は関係性が美味しいのにい!

他にも好きな作家さんが2ページしか登場しない、
ページの割にお値段がはる、などなど、
手放しでよかった!とはいえませんでした。

ただ、逆に、それを改善すればさらにもっと
面白くなるんじゃないかなとも思いました。
 
統一性がないのは、県の中での地域を分けることで
できそうかな?と思った好例が、神奈川県でした。

鎌倉・横浜・湘南・横須賀の4人兄弟で地域が分かれていて、
県全体をあらわすには極端すぎる特色をうまく分けていました。
ここまで極端な県もあんまりないでしょうけれど、
どこの県にだってこっち側とあっち側の愛憎があるはず。
特に平成の大合併でいろいろともめたところも
あるはずですもんね…!(例に挙げた神奈川の湘南も
湘南市にするかどうかでもめていたはず。)

地元の人はもちろん地元ネタが楽しめるでしょうし、
地元じゃない人も他の県の設定がこまやかに
書かれているほうが楽しいはずです。(少なくとも私は)


また、地方をひとつの区切りにする手法の好例として、
香川県では四国四県を兄弟にしていたのも
関係性が濃く感じられて面白かったです。

隣り合っている県との関係性や地理、これはクラスで
出席番号順に決まっている席順のようなもので
絶対に変えられないルール、その中でどうやって
×を発生させるかが面白いと思うんですよね。

せっかく地域区切りでページを分けているのですから、
もうちょっとルールを厳密化して、地方単位でやったら
もっと密でニッチな話が多くなったのではないかな、と。

いまの特に規定がなさそうな状態でも、他県との関係性や、
その県のデータ、方言などが使われてるものは面白いですもの。

作家さんが興味ない県は大変でしょうけれど、
作りこまれた続編もしくは同種の企画本希望です!
ちなみに私、擬人化はどっちかというとニアレベルが
好きなので4コマでも全然問題ないです。(何のアピール?)

個人的に好きだった県は、
・石川県(これは光ってた…!石川内なのに福井もいい)
・山形県(方便と東京から逃げるのが良い)
・神奈川県4男(攻めの広島さんかっこいい)
・大阪府(イメージが不思議と統一とれてるのに笑った)
・香川県(うどん食べすぎ)
・熊本県(バンカラなのに可愛い物好き萌え!)
といったところでした。


話のタネや妄想のタネにはなりますので擬人化とは
なんぞや?という方には向いてるかもですね。
擬人化の波はいつまで続くのか……楽しみです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:48 | - | - |