-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ニッポン擬人化』/アンソロジー | main | 2009年6月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『王子様には秘密がある』/高遠琉加(南国ばなな)
なんとか日曜に戻ってこれました。

結論から言うとやはりGENOウィルスにやられていたようで、
リカバリしてログインパスを変更するなどの措置を
していたので珍しく4日も間を空けてしまいました。
大変でしたがサクサクした動作にそれだけで感激!

まとめサイトなどのお知らせを下さった皆様、
どうもありがとうございました!

さて、平常運転ということでこちらの感想です。
最近「えっ…なんでこの作家でこんなXXな作品を……」と
思ったこともあり、リブレにあまり期待しては
いなかったのですが、高遠さんは高遠さんでした。
というわけで、以下感想です。


リブレ出版 (2008/12)
【Amazon】



☆あらすじ
愛らしい仕草、にこやかな笑顔に星嶺学院大学の誰もが
魅了される、超御曹司・御園生美貴(みそのお・よしたか)。
キラキラ憧れの綺麗な王子様だけど、オトナの包容力を
持っている年下の和廣にだけは、とっても小(!?)悪魔。
わがままだけど可愛くて、毒舌だけど上品、
そんな美貴を和廣はずっと独り占めしたくなって…。

*   *   *   *   *   *

あらすじの省いたところには、
「超最強のエリートツンデレも登場。
一冊まるごとツンデレ純真萌えラブ。 」
というアオリもあり、高遠さんじゃなかったら
このあらすじじゃ買わないな……と思ったけれど、
まさに1冊丸ごとツンデレ兄弟のものでした。

昨今ツンデレなんて男女向けとわず路傍の石より
ごろごろとその辺に存在していますけれど、
このツンデレ兄弟はツンデレな理由がはっきりと、
かつ人物を見事に造形していて魅力的でした。

美貴は顔や家柄が良すぎて人気がありすぎるため、
「人のよい王子様」の仮面をかぶっており、
それゆえに、素顔を見せられる相手には傲慢ながらも
その中に甘えたがりな本性が隠れているのです。

傲慢なところすらなついた人にしか見せられない、
王子様の仮面をかぶったツンデレ…、2重においしいです。


兄のほうは美貴編では弟のコンプレックスの
元になるいやな男だったのが、実は顔が特別良い、
誰にでも愛される弟に対して強い劣等感をもっている、
冷酷人間→劣等感もちとして描かれ、
急に共感してしまうキャラになります。

そして劣等感は弟分だった友人・光輝にも発揮されます。
光輝のかっこよさが評価されなかった少年時代は
自分が中心だったのに、いつのまにかまわりから
光輝がメインのように扱われるのに劣等感が刺激され、
光輝に素直になれずドツンツンになってしまうのです。
つまり、こちらも完璧エリートの仮面を
かぶったツンデレであり、こちらもおいしいです。


優れたもの(人間)自身がもっている光と、
優れたものがそばにいる人間がもっている影、
美しさと賢さという点で互いに優れているのに、
互いに無い部分に劣等感を持っている。
いつもの高遠さんだったらもうちょっとここを
ざくっと切り込みそうな気はしましたが、
まあ、「好きだけど素直になれない」感情に
説得力を添えていた良いツンデレ作品でした。


できれば1冊ずつで書き下ろしてくれればさらに
ボリューム的に楽しめたのになあ、と思いましたが、
弟編で見られる兄の側面だけだったら
読む気がしなかっただろうと思われるので、
兄弟抱き合わせでよかったのかもしれません。

というわけでツンデレ好きにはたまらない
1冊で2カップル楽しめる作品でした。
| [BL・小説]高遠琉加 | 20:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:36 | - | - |