-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年6月新刊購入予定リスト | main | 禍福は風邪のもと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『リメイク』/剛しいら(かんべあきら)
先日リカバリー中にあまりにも暇で机の整理をしていたら、
昔(3年ぐらい前?)に買った CD が出てきました。

このころは(もちろんBLの)『SEX PISTOLS』に
はまってたのよね〜とCDプレイヤーで聞きなおしたら
「世界の栄口勇人がノリりんだったのね……!」とか、
「イインチョって平川さんだったのか……!」とか、
驚きの連続。何が驚きって、聞いてた当時は
なんにも声優さんのことなんか知らなかったのに、
声を聞けばわかるようになったってことです。
うーん、温故知新ですね。ちょっとちがうか。

さて、読んだら故き時代を温したような
気分になった、今日の感想本です。
オヤジ(ジジイ?)スキー全開ですのでご注意を。




海王社 (2009/3/28)
【Amazon】

☆あらすじ
売れない俳優だった陽平は、大手映画会社社長の信敬と
晴れて恋人同士になり、時代劇俳優として再スタートを切った。
ある日陽平のもとに大ヒット時代劇シリーズのリメイク映画、
しかも主役だった老優・花田から直々に仕事を指名される。
思ってもいなかった主演依頼に喜んだ陽平だが、
同棲している信敬は、撮影のためにしばらく
離れ離れになってしまうことに難色を示し……

*   *   *   *   *   *

「演劇+剛さんはおもしろい」がマイセオリーのわりに
「陽平って?」「っていうか前作って?」という
体たらくで剛しいらファン失格の私ですが、
読んだら久しぶりに剛しいらさんのヒットでした!
(期待値が高い分、「剛しいらさんの並」ではヒットと言わない)

そのヒットの理由は、メインよりも、脇役の老優、
花田師匠の醸し出す空気が非常によかったからです。

どんだけよかったかというと、そうですねえ、
『座布団』シリーズの初助師匠ぐらいかな……。

さすがにあそこまでの強烈なインパクトはないのですが、
形は違えど何かを演じる仕事についていたこと、
心に女が棲み、男を演じることで男になるということ、
昭和初期の時代に、夫婦同然に連れ添っていた男が
いたというのも共通項としてあげられます。

ただ、逆にまったく異なる点もあり、
花田師匠はより女性らしく、メインカップルの
擬似的な母親も演じたことです。
初助師匠は女にはなるけど母親にはならないと思う。

初助師匠のときは男を待ち続けた圧倒的な侘しさがあり、
花田師匠のときは男に先立たれた寂しさと、
それでも子供を育てた母親のような暖かさが半々です。
それが、作品全体を包み込んでいるような暖かさなんですよね。

人生の最後で主演した作品のリメイクを自ら持ち掛け、
陽平に芸事を伝授し、老体に鞭を打って演技し、
そしてただ消えゆく……物悲しいのですけれど、
涙が出そうになるほど深く染み入ります。

なんで感動するんだかわからないのですけど、
日本人らしい機微がいいんですよねえ。
ベッドルームのゴージャスなベッドじゃなくて、
和室に敷いた少ししっとりとした薄い布団というか、
隠微でそこはかとなく香る情趣です。

メインの2人も支柱のような花田師匠に見守られたせいか
面白くなっているような気がしました。
……付足してるように見えますけど本当に付け足しです。
花田師匠と連れ添った男のエピソードのほうが気になるよー!

もしくはあとがきで書いておられましたが、
ぜひとも、時代ものを書いてほしいなあ……。
なんちゃってでもいいのでお願いしたい所存です。


たぶん前作は読まなくてもついていけると思います、
剛さんの描く老優を味わいたい方にはオススメです。
| [BL・小説]剛しいら | 21:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - |