<< 2/18PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『貴族の恋は禁断の香り』/アヴァ・マーチ(寿たらこ)
先日、ドラマ「すいか」の脚本家である
木皿泉さんのエッセイを読んで驚いきました。
2人組で夫婦、しかも2人とも50才オーバーとは……。

「新やっぱり猫が好き」の脚本もやってたんだから
それなりの年なんだろうな、とは思っていましたが、
なんだか想像以上でした。イメージってどこから
つくられてくるんだろうなあ…ドラマの中から
拾っているのは間違いないんですけれど。


さて、BLのイメージといえば表紙と挿絵が重要です。
その表紙を寿さんの絵が飾る翻訳もの…、
なかなか面白い試みですが、
小説自体もなかなか面白かったです。

それでは感想は以下にて。
続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:32 | - | - |
『桃色砂漠』/あすか(せら)
ここ1週間くらい、夕方から頭痛がひどくなり、
夜には気分が悪くなってくる日々が続いていました。

うーんストレスかしら?でも半年前とかと
比べればたいしたこと無いんだけどなあ、と
あれこれと原因を探索してみたら、わかりました。
ガムの噛みすぎでした。(私、軽い顎関節症なもので)
今日、ガムをやめてみたら全然痛くないのです。
こんな簡単な事だったなんて!

以前はチョコをおやつにしていましたが、
残業中の消費量がお肌とカロリー的に
やばかったのでガムに代えたらこれですよ。
これから残業中のおやつは飴にでもしようかな。
まあ、一番いいのは残業がないことですが……。

さて、今日の感想はまたトンデモ系です。
トンキワというかタイトル通りおピンクというか……。
私は大好きですけどね!それでは以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:14 | - | - |
『なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど』/松雪奈々(高城たくみ)
4月に入り、ちらほらと新卒社員を街で見かけては
「初々しい」と「でも邪魔」が同時に脳裏に去来する
今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は春眠暁を覚えずの例に漏れず、このところ、
恐ろしいほど寝つきがよく、夜に本が読めなくて
困っています。最初から眠気が勝ってるんだもの。

先週の金曜日は徹夜で飲んで、土曜日曜はグダグダで、
それ以外の日は本も読めず夢も見ないほど深く眠り…、
新社会人だった頃には、X年後にこんな生活を
送っているとは思いもよらなかったですが、
だから人生面白いのよね。(無理やりポジティブに)


さてそんな中、トンキワのにおいがすると言うことで
3月の購入リストに載せておいたこちらですが、
意外に予想より上手くまとまった作品でした。
それでは以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:59 | - | - |
『堕つればもろとも』/宮緒葵(亜樹良のりかず)
また一日、日がなごろごろしてマンガを再読したり、
ゲームしたり、DVD見たり、うつらうつらしたり、
ダメ人間生活でした。でも充実感たっぷり。

今(まさに書きながら)、『すいか』というドラマ、
少し前に話題にはなりましたよね……って、えっ、
もうこれ8年も経つの!?と思っちゃうような
ちょっと前のドラマをDVDで見てるんですが、
なんかいちいち自分の境遇に重ねて見ちゃうのよね。

もしこれをリアルタイムで見ていたら、
あまり自分と重ねて見たりはできなかったろうし、
理解はできても共感は尚更できなかったろうなあ。

パッと見は癒し系なんだけど甘やかしてなくて、
経験しないとわからない苦味があると言いますか。
また3年、5年、10年、30年経って見返したら
違う感想を持ちそうなドラマです。
とりあえず早く続きを借りてこよう。

さあー今年初めてのちゃんとした感想ですよ!
今年はワーストもやっていませんしね…。
(昨年下半期は読んだ数自体が少なかったために
難癖になりそうだったのでワーストはやめました。)

それでは今年の一発目、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:07 | - | - |
『札幌の休日』1〜4/桜木知沙子(北沢きょう)
なんだか最近週末しか更新できていませんが、
睡眠時間が足りないだけでちゃんと生きてます。

そんな中、ちょっとした驚きの体験がありました。
こんなタイトルの本を見つけたら、
誰だってびっくりするでしょうよ!

「受命」

あまりにもその、あの、なんていうんですか、
「攻めの逆は?」の質問と同じというか、
どんだけBL好きだけにわかるトラップというか…、
新しい検知器として採用すべきかもしれませんね。
かく言う私も、あんたどんだけ受けが好きなのよ!と
危なく突っ込みを入れるところでしたわ。

さて、感想とはまったく関係ない話はさておき、
札幌行きてえ…逃避してえ…と思った作品の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 02:46 | - | - |
『青鯉』/たけうちりうと(高階佑)
夏がまだ出張っているせいで出かけたくなかったんですが、
普段使っている自転車の空気がパンクってほどでは
ないものの分かる程度に緩やかに抜けていくので、
自転車屋まで行ってきました。

そしたら、あっという間に原因が分かりました。
空気を入れるところのバルブのゴムが切れたために、
かすかに漏れていたんですって。
そんなところにゴムがあるなんて知らなかったし、
今まで見たこともなかったわ……。

世の中知らないことってたくさんあるなあ、と
当たり前のことを思ったのでした。

さて、上記は日常的に役に立つ知識でしたが、
今日の感想本を読んで役に立たない知識がつきました。
以下、感想です。(どんなイントロだよ)

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:30 | - | - |
『鼓ヶ淵』/三田菱子(いのまたむつみ)
こんばんは、生きてます。一応。

もう少しで平日無更新になってしまうところでした……。
(日付的にはもうそうなってしまっていますが)
オートマ起床能力(目覚ましで起きてから自動的に
身体が動いて出かけられる)も発動しないくらいに眠いです。

そんな中でも昨日の台風で川洲に取り残されたひとが
レスキューされた、と眠っている頭に朝のニュースが
飛び込んできて、な、なんだとっ!と起きたら
消防の救助隊で、ちっ、そっちのトッキューか、と
無意識に考えている自分が恐ろしい今日この頃です。

さて…、先日の台風で急に涼しくなりましたが、
暑かった日に読んだこちらの作品、ひやりとした
感触に少し涼やかに感じたものでした。
以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 01:12 | - | - |
『江戸繚乱』/山藍紫姫子(水上シン)
暑い……暑すぎです。連休は12時ぐらいまで
惰眠を貪ろうと思っていたのですが、
あまりにも暑いので、9時すぎに起きてしまいました。

もう一度寝る気はしなかったので、新刊や、
既に入荷済みのおお振りDVD2巻を買いに行ったりと、
比較的アクティブに動いたのですが、それだけで
もう立ち上がれません…カンベンして欲しいです。

余談ですがおお振りのDVDのレシートを見て吹きました。



大きくブリかぶって……。

さてさて、暑いときにこんな暑苦しい話を読む私って、
と思いつつ、BLACKに相応しき山藍作品の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:55 | - | - |
『大阪ラプソディ』/海賀卓子(たかね藤紀)
月曜日に更新したのがものすごく昔のような気がします。
こんばんは、今週は楽になると思いきや、
ぜんぜん楽になれなかった見通しの甘い私です。

実は今日はお給料日だったのですが(25日が日曜のため)、
今までで一番高い残業代をもらってしまいました。
明細を見ると、私の時間がお金に換わったんだな…
そりゃブログもこんな状況になるわけだ、
とひとりごちる金曜日でした。

来週からは緊急のものがこなければ
だいぶ楽になりそうです。
拍手、コメントで励ましてくださった皆様がた、
どうもありがとうございました。

さて、そんなさなかに読んだこちらですが、
トンデモかなとタイトルで思っていたら、
「わかるわー」なワーキング本でした。
それでは、以下にて。

続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:28 | - | - |
『37℃』/杉原理生(北畠あけ乃)
新規でBL感想を書くのは2週間ぶり…くらいかな?
まるでリハビリのようですけれど、不思議と、
久しぶりに書くときのほうが指が動いたりします。

しかし筋トレは1週間でもサボると、再開したときに
ものすごーく身体がついていかないことがわかりました。
忙しいからといってサボると悪循環……。

もしかしたら感想も1ヶ月とか開いたら
ダメかもしれませんけれど。まあ、
どちらにせよ継続は大切ということで。

さて、今日の感想は、読む時期を長らく継続して
はかっていた(=積読していた)こちらですが、
すごく好みでした。それでは以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 02:14 | - | - |