<< 2/4PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『交渉人は黙らない』/榎田尤利(奈良千春)
榎田尤利/奈良千春といえば、私のBL小説における
最強タッグであり、この作品はその記念すべきタッグの
具現化したもの、ということになります。

絶対ガツンとくるものに違いない…!と心の準備(?)を
していたのですが、結構軽めの作品でした。

榎田さんの軽妙な描写が相変わらず盛り込まれていて
これはこれで楽しい当たりの作品でありました。
以下、感想です。


続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:01 | - | - |
『聖夜』/榎田尤利(山田ユギ)
今年もあと1週間を切りましたね。
クリスマスは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

私は公約どおり(?)、「聖夜」を読み耽っておりました。

クリスマスなんて日本人にとっては単なるお祭り騒ぎだし、
カップルに至っては神様公認の発情日でしょ?
そんな考えをしていたのですが、今年はこの本のおかげで
世の中のカップルを祝福したい気分(あくまで気分)になりました…

いいですね、BLって!
ネタバレな感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:17 | - | - |
『君がいなけりゃ息もできない 新装版』/榎田尤利(円陣闇丸)
榎田尤利祭終わったのになぜか榎田尤利さんネタ連続です。
…祭りが無くったってお祝いはしたいですよね。
新装版にて無事復活、おめでとうございまーす!

といっても、この前感想を書いたばかりの作品ですから
簡単に、相違点と軽く感想を書くだけにしました。
折り畳みにもしていませんので、ネタバレが少しでも
いやな方は読まれませんようにお願いします。
(旧版の感想はこちら)

さて、まずは相違点1は…表紙の書下ろしですね!


BK1のリンク情報にイラストがまだ無かったのでAmazonですが、
画像がちっちゃいですね…商売根性丸出しのロゴを
小さくして画像を大きくできればいいものを。

代わりにイラストの説明しますと、ルコちゃんの足の指の爪きり中ですw
そこまでやるのか、東海林!やらせるのか、ルコちゃん!
ルコちゃん、ちょっと乙女っぷりが上がっています。

相違点2は、書き下ろしのSS40Pが追加されていることです。
大学でルコちゃんと東海林が再開した、と言うくだりが
本編の中で出てくるのですが…ううむ、ルコちゃん、
再会の時からして半端なく汚いです。
この子は過去未来永劫、変わらないんだろうなぁw

ルコちゃん(の一部)に惚れる変態さんも出てきますが、
ルコちゃんの汚さに比べると軽い、軽い。
肩をすくめて「アハン?」て感じです。

相違点3は、ずばりお値段。
1000円超えるノベルスを見るのは久しぶりですよ…。
残念ながら挿絵は一切変更がないので、もうすでに
持っている人はSSのためだけに1050円を払わねばなりません。
しかし、旧版を読まれていない人には普通のノベルスに
100円ちょっと乗せただけでSSが+αされるのですから、
お得といえばお得なのでしょうか。

まだ読まれていない方にはぜひオススメで、
持っている方は相当好きならSSのために買うべしです。
(相当好きな私は買いましたw)

…と、3日前くらいに書いていたのですが。
なぜかBK1でもAmazonでも品切れ状態です…新装の意味ねぇっ!
まあ、すぐに重版かかるとは思いますけどね…。
| [BL・小説]榎田尤利 | 20:07 | - | - |
勝手に榎田尤利作品格付け
腐男子日記さんの砂原さんの格付けをみて、
榎田尤利さんでやってみようと言う気になりました。
タイトルもレベル設定を腐男子日記さんからパクってお借りして
アレンジ許可も出たので榎田さん仕様に少しアレンジしました。
やる気とスタイル転用許可、ありがとう!

全て読んでいるわけではないにしろ、榎田尤利さんの
著作が非常に多いため長くなりますが、お暇な方はどうぞ。
あ、同じレベルの中では単に五十音順です。

神レベル
・『魚住君』シリーズ 
 作家は処女作に向かって成長する、という単語が相応しい作品です。
・『永遠の昨日』 
 なんてったって去年のベストですから。泣きたければどうぞ。

続く…

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:45 | - | - |
『普通の男』『普通の恋』/榎田尤利(宮本佳野)
ちょうど1週間、そして第五弾と切りがいいので、
1周年記念はこの三年越しの続刊がやっと出た、
普通シリーズでしめましょう。

榎田尤利さんの本の感想は、シリーズをまとめて
書いてしまったものを含めれば、これで28・29冊目に
なるのでしょうか?一番多く書いているだけはありますね〜。

コンプリートは気分屋なものですから難しいと思いますが、
これからも増やしていければな〜と思います。

それでは締めくくりの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 20:26 | - | - |
『放蕩長屋の猫』/榎田尤利(紺野けい子)
榎田尤利祭り(もう訂正しない)の第4弾はこちらですー。

榎田尤利さんのBL作品には大まかに分類すると、
・魚住君系 (これは魚住君シリーズにのみ適用)
・ほのぼの系 (ラルゴ、ゆっくり走ろう…)
・シリアス系 (眠る探偵シリーズ、ROSEシリーズ…)
・コメディ系 (きみがいなけりゃ息もできない、少年はスワンを目指す…)

かと思います(分類に迷うのもあるのですが…)。

で、今日はほのぼの系に属すると私は思っている作品なのですが、
今までの榎田作品の中で一番むかついた作品ですw
理由は下に続きます。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:15 | - | - |
『きみがいなけりゃ息もできない』/榎田尤利(円陣闇丸)
第三弾は、こちら。マンガ家シリーズの第一作です。
(最近リブレ出版でも特集されていたやつです)
シリーズとはいえ世界が同じなだけで、主人公が
一作ごとに変わるスピンオフ連続系のシリーズですけどね。

11月に新装版が出るとのことで、旧版がオークションでも
Amazonでも、一気に値が下がりましたね〜。いいことです。
普通に欲しい本が手に入るということは。

ですから、魚住君シリーズのメモリアルも早く復刊して欲しいと
思うのですが、どうなんでしょうね進展は…。

ではもうすぐの新装を記念して、ネタバレ感想と参りましょう。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 21:22 | - | - |
『ソリッド・ラヴ』アヅマリシリーズ/榎田尤利(高橋悠)
榎田尤利祭…じゃなかった、1周年記念第2段は
こちらの作品です。

これ、もう6年も前の作品なんですね!
時代を感じさせないな…作中でのPCのスキルが低いところくらい?
埋もれていかない、消費されずに残るBLって
なかなか無いですが、魚住君シリーズ同様、
この作品はまだ残っていける作品では、と思っています。

ホント私は榎田尤利さん贔屓ですねー。いいんだ、好きだから。
(『えだゆうりさんびいき』→「榎田尤利賛美生き」と変換された。
あながち間違いでも無い気がする。)

それではネタバレ感想に参ります…

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 20:45 | - | - |
『執事の特権』/榎田尤利(佐々木久美子)
今日、『ゲイ&腐男子のBL読書ブログ』は1周年を迎えました!
今の仕事を始めるまでの手遊びに、と始めたこのブログ、
長く続けられるとは思ってもいなかったのですが、
意外や意外、萌えがあれば頑張れるものですねぇ…。

もちろん見てくださる方々、コメントしてくださる方々、
拍手してくださる方々がいらしたから続けられたと思います。
感謝の辞とともに、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、1周年記念は、前にも書いたこちらにしました。
「同じ作家の本を何日か(適当)、続けて書く!」
その作家は、榎田尤利さんに既に決定ー!

紹介したかったのに、次々読むもんだから機会を
逸してしまった未紹介本たちをご紹介したいと思います。

まず第一弾は、ドラマCDにもなりました、こちらの作品です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 16:47 | - | - |
『犬ほど素敵な商売はない』/榎田尤利(志水ゆき)
小説の感想を書くのは凄く久しぶりな気がします。
あ、この1週間で1冊しか書いてなかったのですね…そのせいか。

ま、書かなかった理由は至極簡単、ここのところ、
それほど(私にとって)良い本に出会えてなかったのです。
まーまーかな、って言うのだと結局書かずじまいになるもので。
重なるときは重なってしまうものですね。

そんな気分の時はエダさんで、さらにオススメの多かった
この作品をリフレッシュのためにチョイスしました。

で、読んでみたら…面白い!
そう、積読にしてしまったのではなくて、この日のためだったのだよ、と
ムスカ並みの胡散臭さを吐きつつ、以下ちょいネタバレの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:06 | - | - |