<< 2/4PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『吸血鬼と愉快な仲間たち 4』/木原音瀬(下村富美)

GW前の仕事納め、ということで若干早めに終わりまして、
というか無理やり終わらせて、今日こそ本屋に行くぞお、
『タイトロープダンサー』の続きを買って読むんだ!と
意気込んでいたのに、寄ったところ全て在庫無し……。

せっかく早く帰れたのに楽しみにしていたものが
ないなんてへこむわー。明日リベンジ!

さて、楽しみにしていたといえば吸血鬼!
シリーズの全巻の感想を、遅れながらもリアルタイムで
書いてるのってこの作品ぐらいなもので、
そのくらい楽しみにしているのですが……、
今回は大きな転換期でしたね。以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 01:17 | - | - |
『プレイス』/木原音瀬(館野とお子)
密林さんかに頼んでおいた本が一気に届きました。
今日店頭で買った本も含めて、えーと…15冊ですか。
もうほんと積読本を置く場所が限られてきました。
ごめんなさい。(なんとなくだれとなく謝る)

まあ、マンガの一部はすぐ読んだので、なんとか
密林さんの箱にぴったり収まったんですけれど、
明日花丸文庫やらBBNを買いに行くのでピンチです。

でも積読棚の本を見てにんまりしてしまうのが
まったく反省してないってことですね……。
うーむ、反省だけはしておこう。

さて、積読消化の絶賛1ヶ月に1冊コノハラ本宣言、
今月もクリアできました。以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:28 | - | - |
『こどもの瞳』/木原音瀬(街子マドカ)

もう3月も残すところあと数日、月日の経つのはいつ考えても
早いものです……なーんてしみじみしていたら、
今月の木原本を読んでいないことに気づいて大慌て。

Unit Vanilla名義ので1冊と考えれば達成なんですが、
積読の抱負は早くも2月で守れなかったし、これくらいは守りたい、
なにより一向に積読本の一番下のゾーンを早く消化したい、
けれど痛いのは避けたい!という妥協点でこの本に落ち着きました。

ショタ覚悟で読みましたけど、不思議とそんなに痛くなく、
クリアできました…以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:08 | - | - |
『さようなら、と君は手を振った』/木原音瀬(深井結己)
1ヶ月に1冊コノハラ本計画、絶賛遂行中!
何とか2月も1冊読むことが出来ました。

積読消化としては、この本や、こどもの瞳、裸んぼシリーズ、
COLDシリーズは旧版と新版の両方があるので、
一気に2冊消えることになり一石二鳥!と納得させたいけど
やっぱり無駄無駄ァ!と叫ぶ心が消えてくれません。
旧版、どうしようかなー。

ま、それはおいといて、以下感想です。
やっぱり古い作品は一味違う気がしますね…。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:24 | - | - |
『眠る兎』/木原音瀬(西崎祥)
今年の抱負・「木原音瀬作品を月1で読む」を実行すべく、
痛くないと聞いたこの作品から取り掛かることにしました。

木原作品を読むのを躊躇するのには怖い気持ちもあるんですが、
それよりもったいないという気持ちがすごく強くて、でも、
読まないでいてもある日突然、目が見えない!なんてことに
なってしまったら本自体が読めないわけですし……、
どっちのほうがよりもったいないかと考えると、
読まないほうがもったいないですよねえ。
じっくりと味わって消化していきたいと思います。まる。

さて、今日の作品は、似たような後ろ向き思考から
脱出する、うさぎさんの話でした。以下感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:09 | - | - |
『吸血鬼と愉快な仲間たち 3』/木原音瀬(下村富美)
約1年前ほど、前巻の感想(こちら)を書いたときに、
木原音瀬さんの積読消化に1年はかかると書いたのですが、
さて、1年経った今はどうなったかといいますと、
24冊(新旧版重複を抜くと20冊)になりました。あれ?

……統計とか平均とか、そんなもので人間の行動を
はかろうとするだなんて、1年前の私はなんて浅はかで
愚かなんでしょうねえ、まったく。困ったものです。
ああ、ほんと死ぬまでには読まなくちゃ。

さて、待ちに待ったあげく、もしや今回もナシなのか?と
危惧していた吸血鬼の3巻の感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:08 | - | - |
『薔薇色の人生』/木原音瀬(ヤマシタトモコ)
分厚いッ!
書き下ろしがあるとはいえ新書で 350ページ弱、
お値段漱石さん以上の本はめったに見られませんね。
あ、今は野口さんか……。

挿絵も時のひとのヤマシタトモコさんですし、
そういやホリーノベルスでも日高ショーコさんや
鈴木ツタさんなど、普段挿絵をしない作家を
ばんばん使う事といい、木原さんは別格扱いですね。

さてこの作品、木原さんにしてはだいぶ甘め?な
ラブラブ作品でした。以下、感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:03 | - | - |
『NOW HERE』/木原音瀬(鈴木ツタ)
先日の試験の解答速報がすでにネットで出回っており、
うろ覚えながら採点してみたらやっぱり足りない!

・もともと落ちると見込んでいた
・2ヶ月しか勉強していない
・仕事のピークと重なった

などと言い訳をしてみても、あと1問2問合ってれば、
頭が真っ白になっていなければと思うと非常に悔しいです。
まあ、それでも試験自体をやらずにいる後悔はマシかな…。

さて、今日の作品のキャラは、やらずにいたオヤジです。
さすがコノハラさん、容赦ないオヤジでした。
以下、ちょっと濃いめの感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:20 | - | - |
『セカンド・セレナーデ』/木原音瀬(北畠あけ乃)【120万企画・4】
【120万企画】はもしかしたらあと1冊ぐらいは
追加するかもですが、とりあえず、これで終了です。

発掘というより、感想を書きあぐねていた作品を
書くための発破になってしまいました。
初挑戦の作家なども読んだのですけれど、
書くほどでもなかった、と言うのが多く、
やっぱり好きな作家に偏りました。

また、やってみて再認識したのは挿絵が古い!
BLのイラストレータって進化してますねえ。
10年また経てば今のイラストも古く感じるのでしょうか。

しかし、この作品と、この装丁は色褪せないと確信します。
【12年前のBL作品感想】最後の感想は以下です。

続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:13 | - | - |
『美しいこと』/木原音瀬(日高ショーコ)
タイトルの真意をはかりかねる作品でした。
BLのタイトルほど分かりやすいものはないというに。

「美しいこと=松岡の気持ち」、読了直後では
そう思ったのですが、後から段々と、
「いい大人がこれほどにお互いにダメになってしまう、
醜く美しいこと、それこそが恋愛」だなんて
意味を帯びているのではないかと思いました。

まあ、人それぞれの解釈でしょうが、まさか、ガラかめの
「あの子…なんて恐ろしい子!」みたいな感嘆の意で
「(なんて)美しいこと!」ではないことは確かです。

ではでは、以下、感想です。
続きを読む >>
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:02 | - | - |