<< 2/2PAGES 
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『挑発の15秒』/秀香穂里(宮本佳野)
こゆるぎシリーズ同様、去年の読了本です。

読み終わってから結構時間がたつのですが、
読み直さなくてもほぼ完璧に覚えていました。(固有名詞は忘れる)
自分にとってお気に入りの作品ってのは
そういうものなのでしょうかね。

この作品のカップルはCMプランナー同士なのですが、
CMも一瞬なのに覚えるものと忘れるものがありますよね。
ジャンルが違う創作物ですが、その点は似てるかも。
(ちなみにこれを書きながらアミノ式のCMの、
駅のホームで回る女の子のを思い出しました。)

ま、それは置いておいて、軽くネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:06 | - | - |
『今宵、眼鏡クラブへ。』/秀香穂里(やまかみ季由)
こんばんは、眼鏡クラブで働く資格をとりあえず持つaya-meです。
(眼鏡をかけているってことだけですが)

この作品の舞台となる、タイトルの眼鏡クラブの店名は、
「クラブ・キラ」というのですが…「キラ」だけで書かれると、
デスノートのキラが優先して浮かんでしまいます。
前だったらロトの紋章のキラというキャラが浮かんでいたでしょうね…。
ジャアルで萌えてたなぁ。もちろんキラアルでも可です。
分からない人にはわからない話、でした。

さて今日は、最近では一般にも萌えとされている、
「眼鏡」男子が沢山登場するお話です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 21:31 | - | - |
『くちびるに銀の弾丸』『くるぶしに秘密の鎖』/秀香穂里(祭河ななを)
秀さんの作品は最近いろんなとこから出るようになり、
嬉しいのですが、結局、キャラのが好きなんです。

記事を書いた『誓約のうつり香』や『灼熱のハイシーズン』、
書いていないけれども面白かった『虜』だとか、
上位に来るのはキャラ文庫ばかり。

プリズムとかのは悪くは無いんだけれど、
私が好きな秀さんの長所があまり見えないような…
そうは言ってもカラーが違うのだから仕方ないのですけれど。

で、やっぱり今までの通り、これもキャラ文庫で面白かったです。
続編が出て、前の記憶が薄れ掛けていたので再読しました。
その感想は以下ネタバレかな…です。
続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 21:50 | - | - |
『渇望の部屋』/秀香穂里(水名瀬雅良)
デザイナ×モデルのお話です。
珍しく最初に要点をもってきました。

現実で有名なデザイナのファッションショーで見る服、というと
何であんな変な不思議なデザインばかりなのだろうと思ってしまいます。
着るのがモデルさんでなきゃ目もあてれられないですよね…。
ま、庶民には別世界です。どこに着ていくんだか。

・・・あ、そういうこと考えてる時点で着る資格がなさそうw
美の深遠なる世界は、私にはBLで垣間見るくらいがちょうどいいようです。

それではちょいとネタバレ感想です〜。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 20:48 | - | - |
「灼熱のハイシーズン」/秀香穂里(長門サイチ)
自転車で転びました…ぎゃぼん。

細い道の曲がり角で向こうから来た自転車をさっと
曲がって避けたのは良かったのですが、
元に戻ろうとしたときに砂利でスリップしてバターン。
ジーンズ破けて血が出ましたが、痛さよりも恥ずかしさよりも、
籠の中身(本屋の袋=BL)は!?と中身を確認した私って…うう。

その買ってきたなかの1冊です。
めちゃくちゃツボでした〜。
秀さんの作品はこれで感想書いてないものを含めて
4冊目ですが、いちばん萌えたかも。

それではネタバレかな?な感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 00:06 | - | - |
「夜情にゆだねて」/秀香穂里(ヤマダサクラコ)
今日の一冊☆若旦那と板さんの和服萌え

夜情にゆだねて
夜情にゆだねて

秀 香穂里著
白泉社 (2006.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

うらがき
大手出版社の編集者である篠原遼路は、急遽不本意ながら故郷の金沢へ戻った。兄の雄平が駆け落ちして父が倒れたため、期間限定で家業の老舗温泉旅館の主人となったのだ。不慣れな着物姿で旅館の若旦那業に苦労する遼路へ、若き料理長の鬼嶋龍司は何かと辛く当たる。料理の腕は一流だが倣岸な鬼嶋を苦手に思いつつ、遼路は彼にかつての恋人の面影を見出してしまっていた…。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ネタバレ濃い目と薄目を分けるために
試験的に上に絵とあらすじを持ってきてみました。
どちらが見やすいかしらん?ご感想いただけると嬉しいです。

そうそう、辞書で「夜情」をひいても出ませんでした。
意地で探したら中国語で「一夜情」という言葉があり、
「ネットやバーなどで知り合った男女が一夜限りの恋をする」ことらしい。
いろんな言葉があるものです。

まあ、この作品では単に「夜の情交」の意味かと…。
それでは以下、ネタバレ濃い目感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:45 | - | - |
「誓約のうつり香」/秀香穂里(海老原由里)
今日の一冊☆SMとはなんぞや?

久しぶりに日付越えの更新です。眠い。
さっさかと書きましょう。

裏書きを読んでちょっと引いたんですが、
秀さんのだし三文エロ小説ではないだろう、と踏んで購入。
安易な「ご主人様」は嫌いなのです。

以下ネタバレ感想。

続きを読む >>
| [BL・小説]秀香穂里 | 01:06 | - | - |