<< 2/3PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最近読んだ一般マンガ@2008.4.17
最近…と言っても1ヶ月単位になってしまうのですが、
一般マンガの感想です。

「最近」などの時間感覚の表現は共有しがたいし、
自分でも時によって異なる時がありますけれど、
誰しもある程度の判断基準を持っていますね。
本の面白さもそんなもんだなあ、と当然のことを言ってみたり。

さて、では短い感想4本立てです。


1・『番線』/久世番子
【Amazon】

『暴れん坊本屋さん』で(かつ本好きの間で)
一世を風靡した久世番子さんの、
最新エッセイコミックです。


前述の『暴れん坊本屋さん』では書店員としての事情、
漫画家としての事情を主に描かれていましたが、
今回は本に関わる人たちへの取材が加わり、
バラエティ豊かになって本好きの元へやってきました。
写植、国会図書館、校正、辞書編集者などの特集、
非常に興味深く読むことができました。
特に校正さんの仕事は…他人事とは思えない……(泣)

で、特にお気に入りの特集は、「雑誌履歴書」の話と、
「教科書図書館」をたずねる話でした。
「雑誌履歴書」は今までに購読・定期的に読んできた
雑誌を履歴書のように書いてみるという話で、
これ、本好きの人とやったらきっと楽しいと思います。
「教科書図書館」はぜひ1度行ってみたいです。
図書館の話ってすごく盛り上がるんですよね。
なんでだろう? 多少なりともわくわくしたから?
「朝のリレー」が私は一番好きでした。

本好きに捧げる1冊、ご馳走様でした。
(『配達あかずきん』とで全プレサービスがあるみたいです…)


2・『とめはねっ!』3/河合克敏
【Amazon】

これは日本人として読むべきだよ!と
主張するつもりはないですが、
書道マンガ、面白ッ!!


すべてに安定感を持って楽しめるんですよね、
河合さんの作品って帯の藤田和日郎さんの文句どおり、
「楷書」の持つイメージととてもリンクしています。
キャラクターも立っているし、ギャグは外さないし、
知識面も惜しみなく描かれているし、絵も美しく、
読みやすく、規則正しく、そして美しい。

いま、一番コミックスが待ち遠しいのがこの作品かなあ。
連載中だというのに、河合さんは今までスポーツマンガが
多かったため、どうやってこの文化系マンガを
終わらせてくれるのか、いまから気になります。

ちなみに私はさすがに篆刻オタクではありませんけれども、
「かな」は粘葉本和漢朗詠集が好みです。
……マニアックですか?…そうですか。


3・『カボチャの冒険』/五十嵐大介
【Amazon】

この本に関しての感想は簡単です。
絵の美しさと、カボチャ(猫)の可愛さです。
以上。


では寂しいのでもうちょっと書くとして、
『海獣の子供』などで有名な五十嵐さんですが、
実を言うとあまり得意ではありませんでした。
あまりにも絵が克明過ぎて…海の近くで育ったくせに、
海の中とか、海の生き物があまり好きではないので、
トラウマになっていたのですが、山の中での猫との生活は
全く問題なしに読めました。カラーの色使いがすごい!

カボチャの可愛さは言わずもがなで、
猫のやんちゃ具合が、やんちゃ受けがはしゃいでるのを
読んでいるようでたまらん充足感です!(一部表現がおかしい)
いいなー猫と田舎でふたりぐらし……と
アパートで夢見るのに最適な1冊でした。


『ファンタジウム』1/杉本亜未
【Amazon】

こちらは外出先で読む本がなくなってしまい、
書店に駆け込んで本を物色していたとき、
「これはは…ここで見たな」と思い出して
急場凌ぎで買ったのですが、予想以上に面白かったです。

文字が読めない、書けない「ディスクレシア」の少年が持つ
稀有な才能であるマジックを題材にしたお話です。
年齢を超えた友情のような、家族のような、
少年とその師匠の孫との不思議な関係も
BL的に美味しい関係なんですが、それ以上に、
幸せとは何ぞや?と自分に問い質してみたくなる、
一言では言えない何かを訴えかけてくる作品でした。

マジックのシーンは華麗にして愉快、魔法などないと
分かっていても楽しめるその場の雰囲気が伝わって来ます。
地味な装丁であっても(笑)、素晴らしい内容でした。
2巻も読みたいけれど楽しみすぎて躊躇しています…。


いまさら言わずもがなですが、ファンタジウムに寄せて、
私の幸せは、マンガや小説を読んで楽しむことです。
| [その他]BL以外のコミック | 23:42 | - | - |
一般エロマンガを読んでみる【エイプリルフール企画】
俺はゲイをやめるぞーッ!ジョ○ョーッ!

はいはい、エイプリルフールでしたー。
どうでもいいのですが、お堅い3月(1年間の締めのイメージ)が
浮気な4月(環境が変化するイメージ)に対して「4月のバカッ!」と
言っているシーンが妄想されて困ります。
12ヶ月擬人化ものとかあったら楽しいなあ。

さて、自分がゲイだと自認した幼少のみぎりより幾年月、
最近、本当にゲイなんだろうかと自問したくなるような
ことがあり、ちょっと試しに「一般エロマンガにトライ!」と
思い立ち、読んでみることにしました。

てことで、嘘みたいなBL読みの「一般エロマンガ感想」を
エイプリルフールの企画といたします。
成人向けコミックですから一応以下隠します。

続きを読む >>
| [その他]BL以外のコミック | 21:24 | - | - |
最近読んだ一般マンガ@2008.1.19
今週は比較的仕事が落ち着いて(と言っても月曜に
出勤して負担を減らしといたおかげですけれど)、
金曜の17時から1時間何も作業がなくなってしまいました。
ほかのひとにも作業があまっておらず、しょうがないから
クリーンアップ・デフラグ・データ整理の待ち時間に
暇潰しに書いていたのが以下の感想になります。

インターネットっていいですね、すぐに転送できるのは。


『きのう何食べた?』/よしながふみ
【Amazon】

BLには置かずにこちらに置きました。
BLだとは思えないからです。

BLだとは思えないのは、主題が恋愛ではないからです。
そして、美味しそうな料理に関しては凄く幸せになれるんですが、
1冊まとめて読むとなんでだかナーヴァス気味になります。
だからあまり読み返したくなくて、感想が今になりました。
ゲイの生活に幻想のかけらも無い視点のせいでしょうかね?

そして、いちいちなんだか自分の暗い思い出が蘇ります。
たとえば、主人公・筧の父の言葉。
「で どんな女だったら大丈夫なんだ? お前は」
グサッ。我が家では「男らしい女の子じゃダメなのか?」でした。
「それは無理。男が好きだし男に好かれたいから」と
分かってもらえないだろうなあと思いつつ断言したら、
我が家でS級のタブーになりました。
なんと近くに住む私の兄夫婦も知りません。ハハハ。



『光の海』/小玉ユキ
【Amazon】

気を取り直して、こちら。
装丁も絵柄もお話もステキでした。
全て人魚に関係するお話でして、
その中に1編同性愛ものがあります。


女性と人魚の少年が、同性に恋している気持ちに
それぞれのやりかたでけりをつけるシーンは、
悲しくもさっぱりとして前向きでよかった……少年、頑張れ!
人間と同じような知能・感情を持っている世界なのに、
「生殖」という言葉によって「同性同士って演習でしょ?」みたいな
いかにも動物的な考えになっているその差異が切ないですね。
まあ、そういう考え方のひとは人間にも居ますけれど……。

自分がほしいものを全て持っている坊さんに嫉妬する坊さんの話、
元海女の祖母と人魚との恋の話、ギャル人魚との友情と三角関係、
などなど、これこそ珠玉の短編集と呼ぶに相応しいですね!



『G戦場ヘブンズドア』/日本橋ヨヲコ
【Amazon】

マ、マンガ描くのって大変なんだなあ……。
ぞくっと来る暗い情熱に圧倒されました。


血肉を削って、思いをこめて描いても報われない、
それでも描く、描かなければ生きてゆけないというのは、
幸せなのでしょうかね。その後が誰もが漫画家になって
成功しているわけではなく、売れない漫画家だったり、
編集者、アシスタントプロダクションの社長などになっていますが、
それでも大好きな漫画と関わっているのは、やっぱり幸せなのかしら。

創作するひとじゃないとわからない苦しみと幸せがありそう、
なんてことを門外漢は思ったり。


『金魚屋古書店』/芳崎せいむ
【Amazon】

漫画を作るほうだけじゃなくて、
読むほうもそうとう業が深いな、と
思ってしまったのがこちらの作品です。

1巻目は古本で買いましたが2巻以降は新刊でお買い上げしました。
だって読みたいんだもん!と言うのを私のように口癖にしている
漫画好きなら読んで損は無いと思います。
古い漫画が多いですがそれこそ温故知新ですね。
この世には面白い(面白そうな)漫画が沢山あるのだなあ、
BLだけでも面白い漫画は取りこぼしたくないものです。
最近発売の6巻にはBL作品も出てきます。
それが『コンプレックス』/まんだ林檎とは……、
作者もそれを男の子にあげる女の子も、やるわね。
『コンプレックス』はビブロス版は絶版ですが
現在は文庫で出版されています。オススメです。


『ネタも休み休み言え!
―闘うグラフィックデザインの現場』/くつきかずや
【Amazon】




最後にこちら。『少年よ耽美を描け』などと同じく、
季刊誌『ウンポコ』の連載ということと、デザインという
興味のある仕事分野だったため購入してみました。
絵は表紙の通りちょっと簡素で雑っぽいのですが、
仕事の現状に「どこもおんなじなのね……」と
つぶやいてしまい、ちょっとホロリです。
そしてある1話にしか登場しないのに、
ツンデレの飯田さんに若干萌えました。

私の仕事は徹夜がない分マシと考えていいんでしょうね。
でもBL本のデザインとかできたらいいな〜、
今市子さんの生イラストなどが見られたら最高です。
ようし明日からデザインの勉強をするぞ。(大嘘)

さて…、これからルチルタイム(絶対シリーズ他)の
読書に入ります。それでは!
| [その他]BL以外のコミック | 21:49 | - | - |
最近読んだ一般マンガまとめて感想
すんごくひさしぶりですね、この系統の記事。
それなりに読んでるんですけれども、
BL優先なのでなかなか表層には出てきません。
BLの感想だって60〜70%は表層に出てきませんもの…。

最近いくつか面白いのがあったので、さらっと感想です。


『わんの実 2』/岡崎呼人(2の画像が無いので1の画像とリンク) [Amazon]

2巻が出るとは知らず嬉しい誤算。
擬人化・イヌノミが可愛い!
セリフは多くないわりに各話のテーマは
ちょっと暗めの話も多いですけれど、
しっかりと描かれています。
素直過ぎるけど嫌いじゃありません。
白泉社…、というか少女マンガの単行本一桁で
ちゃんと終わった話はいいものが多い気がします。

で、腐った目に美味しかったのは、主人と擬人化犬が
クッキーを舌で渡すシーンです!
擬人化&ショタ好き発狂と思われます。


『少女ファイト』/日本橋ヨヲコ [Amazon]

この方のマンガは初見ですが、線が太めで好みです。
バレーの技術面も良く伝わるし、ストーリーも
3巻まで来ても複線が張り続けられ、先が楽しみです。
女の世界での戦いってのも好きなんですよね…。
で。男子バレー部の部長のヒゲと体毛がエロいと
思うのは私だけですか?そうですか。

こういうスマートな絵で、体毛濃い目のBLなんて
あったら発狂して買っちゃうんだけどなあ。


『少年よ耽美を描け』/ミキマキ [Amazon]

一般でいいのかな…ウンポコだからいいですよね。
男子がBLを描くという斬新なテーマに、
本職(=つまり腐女子)の知識を埋め込み、
自嘲し過ぎず笑わせるこのバランスは凄い!
幾千の腐女子についての本を読むより
このマンガを読んだ方が理解が早いと思います。

『こんな絵で萌えるかバカ BLナメてんのか!?
男がナメていいのは受の乳首と股間だけだ!』

こんなセリフをのたまう姉ちゃんが良い味です。


『共鳴せよ!轟高校図書委員会』/D.キッサン [Amazon]

ほのぼの文化系四コママンガと呼びましょうか、
図書委員会をモチーフにしたマンガ。
文化系も悪くないと思える一冊。
こちらにも腐女子がひとりおりまして、
アーリヤ人やフェノールで妄想できると言う
結構なセンスをお持ちの隠れ腐女子です。

攻受診断はしてしまいますよね…そっかあ、
これって普通じゃなかったんですね、今日は
ちょうつがいのパーツがどっちが攻めかと
悩んでいたと言うに…もうダメですね。
普通の脳みそには戻れそうもありません。


たまには普通のマンガもいいものですねっ。
(その割には触れる箇所が腐ってばかりのような)
| [その他]BL以外のコミック | 21:21 | - | - |
『GENTE 1』/オノナツメ、他一般コミック感想
こんばんは、クソレ・オブ・ジョイトイに爆笑したり
動画大量削除に凹んだりしているaya-meです。
本編の削除はわかるけれど MAD まで削除する必要性が
いまいちがわかりません。誰の利益になるわけでもないのに。
明確なガイドラインが欲しいです。

さておお振りと言えば、BL以外のコミックですね。
今週はBL以外のコミックを新刊中古あわせて結構買ったので、
少しずつ感想を書いてみることにしました。

以下ごちゃまぜでお送りします。

続きを読む >>
| [その他]BL以外のコミック | 20:57 | - | - |
『東京少年物語』/羅川真里茂 【U-18企画・4】
ここいらで箸休めにBL以外をチョイスしてみました。

私は『ニューヨーク・ニューヨーク』が羅川さんの作品の中で
一番好きですが、『赤ちゃんと僕』『しゃにむにGO』『いつ天』、
さらに短編まで、全てが甲乙つけがたい作品なのです。

その中でも東京少年物語は120Pちょっとのお話なのに、
かなり印象深く残っている作品です。

以下感想、今日のテーマは【少年からの成長】です。

続きを読む >>
| [その他]BL以外のコミック | 22:45 | - | - |
『乙男(オトメン) 1』/菅野文
いつ読んでもお蝶夫人のセリフは素敵だなぁ…

負けることをおそれるのはおよしなさい。
私は負けたとしてもあなたを責めたりはしない。
それよりも力を出し切らないことこそをおそれなさい!

だなんて私はこの年になっても言えない…
お蝶様の縦ロールで男気と言う字を書けそう。

さて、お蝶さまとは正反対の乙男が流行っておりますね。
多分に漏れず、私も買ってはまっているクチでございます。
だって…!(以下続く。ちょっと妄想コミなので気をつけて)

続きを読む >>
| [その他]BL以外のコミック | 23:46 | - | - |
『さらい屋五葉 1』『LA・QUINTA・CAMERA』/オノ・ナツメ
さーて、今日のゲイ&腐男の更新は

「こんばんは、aya-meです。磯●家は海にでかけて
共食いしておりますので、私が代理でお伝えします。
さて、今日の更新は『さらい屋五葉 第一集』と
『LA・OUINTA・CAMERA』(ラ・クインタ・カーメラ)の
二本です。いつもより一本足りないので長めにお伝えします。」

明日もまた見て下さいね、じゃんけんポン!(私の頭がパー)
う腐腐…

…許してください、長谷川町子さん。

片やデフォルメされた可愛いキャラたちが表紙の
『LA・OUINTA・CAMERA』(ラ・クインタ・カーメラ)と、
片や怪しげな男と弱気そうな侍が表紙の
『さらい屋五葉 第一集』を一緒の記事に
してしまうのはどうかと思いましたが…、
オノ・ナツメフェアと言うことでOKとして下さい。

どっちも面白かった!
素敵だ、素敵だよ、オノ・ナツメさん!
ふふふ、ちょっとテンションたかめでお送りいたしまーす。

続きを読む >>
| [その他]BL以外のコミック | 01:29 | - | - |
『リストランテ・パラディーゾ』/オノ・ナツメ
私は憎いっ…夏埜さんが憎いわっ。
嘘、嘘、ありがとうございます!!
届いてからと言うもの一日中こればっか
読んでしまうような本を紹介して下さって!w
風邪の病床が天国のレストランに早がわり!
大満足の一冊でした!

初老のキャラにも萌えるようになってしまった
私の老眼鏡萌えの独り言に同意して
よっしゃ、付き合ってやろうじゃない、という方は
以下お付き合いくださいませ。(長めですよ!)

続きを読む >>
| [その他]BL以外のコミック | 21:50 | - | - |
『プライド』5/一条ゆかり
連続投稿。
今日はバイトだったのですが・・・
忙しすぎて喉痛い。
1人でこのクリスマスシーズンは厳しいです。

それでも楽しみがあったので
何とか踏ん張れました。

「プライド」5巻です。
女の戦いと言えばこれでしょう!
血沸き肉踊る歌姫の戦いです。

一条ゆかりさんは短編から有閑倶楽部まで幅広く
読んでおります。女の戦い、好きなんだもの。

それではネタバレ感想です。(BL要素なし)

続きを読む >>
| [その他]BL以外のコミック | 23:40 | - | - |