<< 2/3PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『帰宅』/剛しいら(茶屋町勝呂)
珍しく今週は、BLだけでなく全体的にあまり読書をしませんでした。

情熱が薄れてきているのかしらんと不安になりましたが、
今日買い物に行ったら6000円も新刊を買ってしまったので、
全然情熱は薄れていないことがわかり、ちょっと安心。

情熱といえば、毎月のように本を出し続ける剛しいらさんの
情熱の原点であるデビュー作を読みました。
はっきり言って最近のものより面白く感じました…。

では、軽いネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 21:52 | - | - |
『惚れたら危険』『惚れたら最期』/剛しいら(稲荷家房之助)
先日、オヤジは何歳から?というアンケートをいたしましたところ、
オヤジの平均値は『40代前半』との結果が出ました。

その結果には私も概ね正しいと同意できるのですが、
やっぱり人間、個体差というものがありますね。
なぜなら、この作品に登場する攻めは、若干32〜33才にして
じゅうっぶんオヤジくさかったからです。

JOA(日本オヤジスキー協会)会員として、太鼓判を押します。
この作品は、年齢によらず、オヤジ本です!
そんな素敵なオヤジ本をご紹介です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 21:29 | - | - |
『まほろば恋奇譚 秘恋篇 成愛篇』/剛しいら(稲荷家房之介)
最近読み終わった本の中で感想を書きたい本のストックが
無くなったので、かなり前の既読本をもってきました。

憂える事態ではあるのですが、いつか書きたい、と
思っていた本があと2ヶ月ぐらいは新らしいものを
書かなくてもいいぐらいにあるので別段困っていません。

いつか書きたい本がたまっている事のほうが問題のような…

さて、そんなこちらの事情は置いておくとして、
剛しいらさんのなんちゃって時代物です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 20:58 | - | - |
『酔って、酔わせて』/剛しいら(鳥人ヒロミ)
今日は王の男を見にいく予定だったのですが、
大掃除を優先することにいたしました。
そのうち、蔵書の整理をしていたらこの作品が出てきました。

実は私にとって、これは結構思い出深い作品です。
・初剛しいら
・初鳥人ヒロミ(の絵)
・初シャレード文庫
という、初が3拍子揃った作品だったからです。

ひさかたぶりに読んだのですが、今読んでも面白かったです。
ってことで、感想をば。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 21:39 | - | - |
『顔のない男』シリーズ/剛しいら(北畠あけ乃)
このシリーズは病床の中で読んでおりました。

たいていのBLを読む時間は通勤電車なのですが、
特に電車で乗り降りするときに物語の続きを読めずに
現実に戻らざるを得ないのが凄く嫌いなんです…。
なのでついシリーズものの積読は後回しになりがちなのですが、
怪我の功名、一気にシリーズ3冊を集中して読めて、
非常に気分の良い読後感を味わえたのでした。
勿論、作品の上質さもあるのですけれどね。

俳優という職業を扱ったBLは世の中に数あれど、
俳優というものを描けている作品はこれ以上には
ないのではないか(まどろっこしい)、と思った作品です。

感想は以下となり申す。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:07 | - | - |
『古都の紅』『古都の紫陽花』/剛しいら(石原理)
予定通り、剛しいら作品の感想を増やせております。
増やせる、増やせるぞっ!(ラピュタのMさんぽく読んでね)

しかし、予定通り行かないこともありました。
今日、ルチルの新刊を買いに行こうと会社の帰りに本屋に寄ったら…

会社の先輩に会ってしまった!(BGM:チャララララ…)

コマンド?→にげる→しかしにげきれなかった。

「何か買いに来たの?」
「月上さんや砂原さんの新刊を買いにきたのよっ!」と
叫ぶわけにもいかず、先輩と帰ることに…。
世の中、上手くいかないものです。

さて、ではネタバレ薄めな感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:35 | - | - |
『陰陽師葦屋道満 天の巻・地の巻』/剛しいら(水上有理)
本日2本目の記事は、榎田尤利祭りも終わりましたところで、
剛しいらさんの(偽?)時代物です。

そうそう、お伝えしておりませんでしたが、先日、
復刊ドットコムでの剛しいらさんの名作『座布団』の
復刊投票がついに100票を越えました!

望みは薄いですが、もしかするともしかするかも、と
いう期待はあります。0%でないと言うことが大切ですよね。
気長〜に待ちましょう。

横道にそれましたが、それでは今日のネタバレ感想です。
※天の巻と地の巻は上巻・下巻です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 21:48 | - | - |
『イケてる男の育て方』/剛しいら(CJ Michalski)
この作品のタイトルを見て、一条ゆかりさんの作品である
『おいしい男の作り方』というタイトルを思い出しました。
(こちらもなかなか面白いのでオススメです)

そして、裏の絵を見たとき、剛しいらさんのトンチキ系か?と
危ぶんだのですが、これが意外とツボで面白かったのでご紹介。

ちなみに、裏の絵はえーとなんですか、受けが胸から腿まで
肌色をさらけだし、胸から大事なところまで白いクリームが
塗られているという…ちょっと恥じらう乙女には厳しい感じです。
私は恥じらわない男なんですけどね。

それでは以下ネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:13 | - | - |
『仇なれども』/剛しいら(今市子)
こちらの作品は、今さんの表紙に惹かれて買いました。



素敵ですね、ぴったりです。
(中表紙の蛍のシーンも美しすぎる!)
今さんの表紙の本を見かけると、いつのまにか
それが部屋にあるというのはとても不思議です。

ジャケ買いのできる本があるということは素敵ですが、
ジャケ買いして後悔することも多いBL。
けれど、この作品は損しませんでした。
詳しくは、以下ネタバレで。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:05 | - | - |
『月の秘密』シリーズ/剛しいら(華門、巴里<文庫版>)
人それぞれでしょうが、「ダリア」っていまいち
知名度が低いレーベルだと私は思っています。

例えば、「〜文庫で何が良い?」と聞かれたとき、
私の御三家文庫であるキャラ・シャレード・ディアプラスだったら
「B&L!」「許可証!」「おおいぬ荘!」等と即座に回答できますし、
その他の文庫でも答えられる自信(持つなよ)はあるのですが、
ダリアは「〜かなぁ…?」と疑問符付きになってしまいます。

そんな中、ダリアで久しぶりにヒットが出ましたのでご紹介。
狼男×中途半端な吸血鬼です。

続きを読む >>
| [BL・小説]剛しいら | 23:17 | - | - |