<< 3/4PAGES >>
-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『「薔薇族」編集長』/伊藤文学
おそらくBL読書ブログでこの本を書くのは私だけだろう!
なんてムダに遠吠えをしてみました。こんばんは。

さて、Amazonで購入した薔薇族の創刊者・伊藤文学さんの著書です。
Amazonで買ったのは、表紙がいかにもホモ臭かったら(これをイカホモという)
店頭で買うの恥ずかしかったからなんですが…
ちょいとお耽美な感じの表紙がいいですね。

(ゲイがホモ臭いのは恥ずかしくて、BLは平気ってのはどうなんでしょう)

『薔薇族』編集長
伊藤 文学〔著〕 幻冬舎 (2006.10)
[BK1][Amazon]

創刊から2001年時点までの薔薇族の歴史と、
伊藤文学さんの半自伝的なエッセイです。

まず驚いたのは、伊藤文学って本名だったのね!ってこと。
ちがうちがう(それもほんとに驚いたけど)、ほんとはこっち。

「同性愛者が自分だけじゃないことがわかれば、スーッとするから」

なんて素敵なことを、ノンケの伊藤文学さんが思いついたこと。
別に一人じゃないからと言って、それで同性愛者にとって
状況が変わるのではないのですが、楽にはなるんですよね…ほんとに。

私も高校生まで深刻に、真剣に悩んでいたのですけれど、
そのとき私を救ったのもゲイ雑誌でしたから。
や、既にBLは知ってたのですけれど、本当にリアルに
自分と同じ性癖の人たちがいる、自分だけじゃない、と
現実の世界でのゲイを知ったのはゲイ雑誌のおかげですからね。
(と言ってもその雑誌は薔薇族じゃなかったんですけど…)

抑圧されてきた、戦争時代〜団塊の世代ぐらいにとって、
この雑誌が登場したことでどれくらい救われたことでしょうか。

現在は廃刊となってしまっている薔薇族ですが、
同性愛者に勇気を与えてくれた薔薇族には、
それだけで存在していた意味があったと思います。
伊藤文学さんにはただひたすらに感謝です。

伊藤文学さんがゲイじゃないために「ゲイのなにがわかる」、と
ゲイの方に言われた事もあったそうですが、悲しいですよね。
明るいゲイ、暗いゲイ、性に奔放なゲイ、そうでないゲイ、
ストレートの人と同じく色んなゲイがいるのに、
ゲイ側の人間がそれを決め付けるのは悲しいですよね…。

折角偏見を受けやすい立場に生まれたならば、
せめて偏見の少ない考え方をしたい、と思います。


ちょっとマジな話になっちゃいましたが、元に戻して。
読者からのメッセージ、薔薇族と時代の関わり合いなどなど、
興味深く、楽しく読むことができました。
特に少年愛者の「悟りの境地」にも匹敵する言は必読。

BLだけじゃなく、ゲイの話にも興味があれば、どうぞ。
| [その他]BL以外の小説 | 23:09 | - | - |
『白昼堂々』/長野まゆみ(夏腐感想文)
ぎりぎりでルチルの全サ、出せました。
間に合うよね、今日の消印有効だから・・。

ギリギリと言えば、この夏腐感想文もです。

実は『友情』よりも早くに読み終わったんですよね。
けれど最後になってしまいました。
なぜなら白昼堂々は続き物だったんですよ…
『しゃばけ』とは違いこれは一冊読んで書けるものでは
なかったので最後まで読まねばなりませんでした。
(1冊1冊は薄いですが)

夏の締めくくり、感想文は以下です。

続きを読む >>
| [その他]BL以外の小説 | 23:53 | - | - |
『しゃばけ』/畠中恵 (夏腐感想文)
楽しい夏休みも(高校生までは)残り10日となり、
残暑お見舞を申し上げる季節となってまいりました。
気温はまだ盛夏ですけれど、お見舞い申し上げます。

そうそう、夏休みといえば宿題ですが、基本的に
計画を立ててきっちりとやっていた気がします。
(もちろん計画は結構ずれていくんですけれど)
小心者&終わり頃に一気にやる気力も体力も無いからです。
一夜漬けって、こつこつやるより才能が必要だと今でも思います…。
余談、以上。

さて夏の感想文も後半、今回は残暑を涼しくしてくれる
おどろおどろしいあやかし達が…ではなくて、どこか
可愛らしいあやかし達が登場する、この作品です。

続きを読む >>
| [その他]BL以外の小説 | 23:21 | - | - |
『聖なる黒夜』/柴田よしき (夏腐感想文)
順調に計画どおりの、夏の腐った読書感想文、第3弾です。
饐えたニオイがしそうな企画名ですみませんね。

そうそう、一部分ですが昔の読書感想文が
やはりとってありました。ええと、
小学四年生がズッコケシリーズ。
中学二年生が…夏の庭。
高校一年生が……こころ。

うむ、実にどれもこれもBLくさい作品ばかりですね!
このブログの原点とも言えるのでしょうか。

ま、原点にならって、今日も感想を書きなぐりました。
以下ネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL以外の小説 | 23:33 | - | - |
『友情』/武者小路実篤 (読書感想文)
今日は更新する気はなかったのですが、

よく考えたら今夜は801やおいの日ですからね!

…そんなのあるのか知りませんがそう決めたってことで、
メジャーな李歐の次は、BL好きにはマイナーな作品をアップしました。
(この作品に対するコメントがなかったのはこれだけ…w)

序文の書き出しはすごく好印象。

「人間にとって結婚は大事なことにはちがいない。
しかし唯一のことではない。…」


まあ、なんて素敵な序文なんでしょう。
と思い、読んでいったのですが…。
続きはネタバレ感想です。

続きを読む >>
| [その他]BL以外の小説 | 00:12 | - | - |
『李歐』/眤七亜(読書感想文)
夏の腐った読書感想文、第1弾は、
オススメの多かった『李歐』からです。
(夏とは言ったけど…一年中書いてるような)

反響がいつもより多かったのでちょっと緊張しつつ、
いつもどおり正直に、思ったままに書きました。

書きながら思ったのですけど、学生の時の感想文は
何の本について、どんなことを書いたんだろう…
多分ちっとは天井裏の片隅にとってあるので、探してみようかな。

さて、『李歐』の感想に行きましょうか…。

続きを読む >>
| [その他]BL以外の小説 | 21:37 | - | - |
購入リストとデスノのちょっとだけ感想
Amazonより本が届きました。
予約はしないタチ(アレはネコですが)なので、
必然的に書店で買うより3日〜1週間程、
新刊を読めるようになるのが遅くなります。

いち早く読みたいのは当たり前なのですが、
この梅雨〜夏の季節、義務以外で外に出たくないのですw
比較的涼しい朝と夜は本屋さん開いてないし…
ということで新刊はAmazonに頼りきりのリストです。

人騒がせなロメオ/秋月こお
傀儡の巫女 眠る探偵 3/榎田尤利
ハーレム・ナイト 瑠璃色の王冠/井村仁美
彩おとこ 1/鳥人ヒロミ
彩おとこ 2/鳥人ヒロミ
楽園建造計画 3/高遠琉加
嘘つきはだれだ/ユキムラ
青水無月/水原とほる
真昼の月3/いおかいつき
DEATH NOTE 12/大場つぐみ・小畑健

上の中で、デスノートの最終巻だけ読み終わりました。
表紙のライトがヘソチラというのは私たちへの餞でしょうかw

最後の方のライトはすごい描かれ方でしたね〜。
(もし死に方が45秒方式しかないとしたら
皆ライトみたいになっちゃうでしょうね。)

この結末でよかったのかどうかは分かりませんが、
死にたくない、という気持ちが自分にある限り
他人のその気持ちを殺すことは
私にとっては悪である、と思いました。
以上、良い子の感想文でした。

ほかは積読の一部になってしまいますが、
いつか感想書く本があるかもしれません…。
| [その他]BL以外の小説 | 21:52 | - | - |
ちょいと文章書くなら
東京音頭〜よいよい、ではなく、
この本を読むと良いかもしれません。

林真理子の名作読本
林真理子の名作読本

林 真理子著
文芸春秋 (2005.10)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

私の文章の1割はこの人からできていると
言っても良い、林真理子さんの名作紹介本です。

古典の太宰治、谷崎潤一郎らを皮切りに
海外ではE・ブロンテ、カポーティ、
最近の作家では宮部みゆきや村上春樹など、
54回にわたって「20代に読みたい名作」を
第1部としてまとめています。

もちろん紹介文ですから読んでいて
その本の面白さも気になるのですが、
素晴らしいのは紹介文の切り口と見方なんです。

感想とは自分なりの見え方を書かないとダメ、
でも共感されなかったり独りよがりではダメ。
つまり分かりやすく言えば、
「へぇ、だから面白いんだ、読んでみよう」と作品に引き込む、
または「あっ、そういう見方もあるかしら」と
もう一度作品を手に取らせるセンスと文章力。

その難しいことを教養をもった視点で、
ネタバレしすぎず、説得力があり、
かつ分かりやすく書いている林さんは
やっぱりプロだなと感嘆してしまいます。


…その後に自分の文を見ると
がっくり来るのが副作用ですが…w


で、さらに興味深かったのは第2部。
林真理子の文章読本です。
これがね、世の中にある文章論と違い、
シンプルでわかりやすいんです。

「文章とは女性のようなものであろう。
どんな体型であろうと魅力があればいいのだ」

「字面を綺麗にする」

「テンポを良くする」

「比喩とは作家の専売特許であり、華である」


(普通の生活の普通の人のエッセイは)
「サービス精神をフルに働かせ、正直に、謙虚に、素直に書く。
そして時々笑わせる。オチには気をつける。」


うんうん、と首を縦に振るばかりです。
ブログでも面白い文は大抵当てはまるもんね。
ちょっとは見習って盗みたいものです。

単純に紹介本としても女性向けなので
女性の皆様にはかなりオススメです。
| [その他]BL以外の小説 | 22:41 | - | - |
エッセイ三昧(No BL!)
このところ非BL書籍はエッセイを読み漁っております。

その中で面白いのが林真理子と森博嗣。

森博嗣は厳密に言えば日記と応答集なのですが
そこかしこに著者のセンスが光っております。

例えば先日借りてきた「臨機応答・変問自在2」。
前作のとは違い、質問を一般募集した形なので
質問の鋭さは落ちていますが、面白いのは面白い。

ちょっと長いのでいったん切ります。

続きを読む >>
| [その他]BL以外の小説 | 23:24 | - | - |
「沙高樓綺譚」/浅田次郎(No BL!)
今日は寒かったですねぇ。
寒いときの私の楽しみをひとつ。
(これはですね、嘘泣きをするときにも使うのですが)

ドラえもんのドラえもんが帰っちゃう話を思い浮かべるんですよ。
「君に一人で勝たないと…ドラえもんが安心して帰れないんだ・・・!」 
「僕ジャイアンに一人で勝ったよ・・・
これで安心して帰れるだろ・・・なあ、ドラえもん?」


ほーら、これだけで頭の中も目頭も熱くなってきて
ああ、もうだめ!!うっうっ、と1人で熱くなれます。

涙腺が弱すぎると危ない人になっちゃいますから気をつけて。


さて、久しぶりにBL以外で面白かったのをご紹介。

浅田次郎と言えば「鉄道員」や「壬生義士伝」、
「プリズンホテル」などで有名ですね。
押しも押されぬ大作家です。

…読むまでは赤川次郎と混同してたとは言えない私。

この本も、人には言えない話を1人ずつ話していく、
1話毎に完結のミステリ集です。
「天切り松の闇がたりシリーズ」を彷彿とさせます。
こちらも面白いですよ。辰兄ぃが素敵でねぇ…。
って、こっちは置いといて。
「沙高樓綺譚」、紹介です。

続きを読む >>
| [その他]BL以外の小説 | 23:58 | - | - |